車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

F-Toys ニッサン ミニカー

F-Toysの日本名車倶楽部10・日産フェアレディZロードカーエボリューションと首都高SPL

投稿日:

スーパーに並びだしたF-Toysの日本名車倶楽部10の日産フェアレディZロードカーエボリューション。

真っ赤なボックスがひときわ目を惹き、およそ子供向け玩具菓子コーナーにならぶデザインではない大人なデザイン。
置いてある場所はともかく大人も買いやすいパッケージとなりました。

入荷したてで手付かずの状態で選び放題でしたが…ソーシャルディスタンスでレジ街の列が玩具菓子コーナーまで伸びておりまして…。
じっくり選ぶのは恥ずかしかったのでサッと抜き取って購入してきました。

向かって右列中ほどを引っこ抜き。

狙い目はDのフェアレディZ NISMOのブリリアントホワイトパール。
ニスモといえばホワイトでしょう。ということで狙い目は「D」。

全8種類ですから、そう簡単ではないでしょうが、「D」ではなかったとしてもZ35のエボリューションモデルが手に入れば御の字です。

で…どうなったかというと…。

フェアレディZ NISMOのブリリアントホワイトパール

ゲット。

ゲットです。
1発目でゲットできました!
F-Toysの日本名車倶楽部10の日産フェアレディZロードカーエボリューション、ミッションコンプリートです。

ご覧のとおり、例によってサイドミラーは別パーツ。
まぁ付けないと思いますが、順次ご紹介しますね。

 

コミック「首都高SPL 5巻」

後は車が題材のコミックスを購入。
湾岸ミッドナイトの楠みちはる氏の最新コミック「首都高SPL(スペシャル)」の5巻が発売されていたので購入してきました。

湾岸ミッドナイトの時からそうですが、単純な「走り」で終わらない生きていく上での考え方、人生観のような部分にまで及ぶストーリーは、素晴らしい。

走りの細部の描写、また車のメカニズムに及ぶ描写までリアリティがあり、かなり取材をされて描かれていることが分かります。

今回はR35 GT-Rがメイン。
読むのが楽しむデス。

 

 

▼関連記事はコチラ
F-ToysのホンダNSX、NA1を日本名車倶楽部9から

ガチャの1/64マツダ名車倶楽部Vol.1って…もしかしてF-Toysのカプセル・トイ?

マツダ・コスモスポーツのボンネット開閉ギミックがやっと開いた!日本名車倶楽部Vol.7「ロータリーエンジンの継承」エフトイズ

F-toysの日本名車倶楽部Vol.7ロータリーエンジンの継承が発売!RX-7(FD3S)のボンネットはこう開けた!

Fトイズのトヨタ・スプリンター・トレノはいぶし銀のシルバーをゲット 【AE86】日本名車倶楽部5

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-F-Toys, ニッサン, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.