車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

INNO(イノモデル) ニッサン ミニカー

INNO64の1/64日産スカイラインGT-R R32"パンデム"が初めてのイノモデル

投稿日:2020年8月10日 更新日:

イノモデルの1/64日産スカイラインGT-R R32"パンデム"です。

ビス留めワイドフェンダーで有名なTRA京都のブランド「PANDEM(パンデム)」のエアロを纏った日産スカイラインR32GT-RをINNO(イノモデル)がミニカーに。

カーサン初めてのINNO(イノモデル)は、このパンデムR32GT-Rとなりました。

ブラックボディでおとなしめな外観でビス留めワイドフェンダーが分かりずらいかな?と思いましたが、ゴールドストライプが張り出したワイドフェンダーを表現してくれてイイ感じです。

いかにも走り屋。という佇まいがイイ。
R32GT-Rといえばブラックというイメージが強いカーサン。
フラッグシップカラーはガンメタですが、仲間が乗っていたのがブラックだったもので。

低く構えた車高が走り屋らしいINNOのR32GT-R。
ホイールがギリギリまでインチが大きいのではなく、ギャップの多い峠の走り屋っぽくリアル。

砲弾型マフラーは出口が焼けてブルーになっているのでチタン製?いやいや当時はナンチャッテチタンも発売されていましたから分かりません。

ブラックボディでは分かり辛いのでは?と心配でしたがゴールドのストライプで大きく張り出したビス留めワイドフェンダーが良く分かります。

ビスも印刷ではなく、ちゃんとモールド。イイ感じです。

車高をギリギリまで落とすことが前提なので実車のパンデムにはフロントフェンダーの上部にタイヤ分出っ張りがあります。ソコもきちんと再現されています。
抜かり無しですね。

内部にロールバーが張り巡らされています。
リアウィンドウからは斜行バーではなくクロスバーなのが見えて本気度が分かります。

イグニッションモデル同様、デフロスタの熱線も印刷で再現。
1/64を感じさせませんね。

ブラックの塗装の質が良くヌメヌメと濡れたようなブラックの風合いが表現されていて美しい。

ホイールは2ピースでメッシュも細かくて、とてもリアルです。

ヘッドライトもテールランプもクリアパーツ。
テールランプは少し小さく見えますね。穴を開けて裏打ちするので仕方ない?

ヘッドライトは取り付けのボッチをプロジェクターに見せる上手い工夫でリアルに見せています。

フロントグリルはこの細かさで塗装によってスリットがつぶれていない点にも注目です。

リアスポイラーはノーマルではなく角度調整式のタイプです。

シャシー裏も結構モールドされエキゾーストパイプがシルバーで彩色されています。

ディスプレイベース付き。
金属性に見えますがプラにメタルっぽい塗装がされています。
見た目的にはそれで充分。ご覧の通り、イイ質感です。

クリアケースとボックスカバーをつけるとこんな感じ。
奥に台紙が入っていてPANDEMのロゴがガレージ風に見えるように入っています。

INNO(イノモデル)のパンデムのR32 GT-Rを見て参りましたが、いかがでしたか?

ネット購入では細部が分からず、ブラックのボディカラーという事で一度は二の足を踏んだカーサンでしたが、実際手にしてみますと、とてもイイ。

INNO(イノモデル)のレベルの高さを目の当たりにしました。
峠の走り屋っぽい仕上がりは、当次世代の方々には訴求力がありますね。

押さえておきたい一台ではないでしょうか。


 

 

 

▼関連記事はコチラ
MINI -GTの1/64LB★WORKSウラカンGTとINNOパンデムR32GT-RでBlack&White

MINI GTのパンデム日産GT-RをTASでフラゲ【1/64 Pandem Nissan GT-R R35】

パンデムエアロ装着PANDEM NISSAN R35 GT-R【画像資料】東京オートサロン2016

トラストのGReddyNDロードスターターボはパンデム・ビス留めワイドフェンダー装着【東京オートサロン2016】

MINI GTの1/64パンデム日産R35GT-RはダックテールのVelocity Blue

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-INNO(イノモデル), ニッサン, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.