車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)


MINI GT チューニングカー トヨタ ミニカー

MINI GTのHKSトヨタGRスープラ2019 SEMA PresentationはHKS USA MKV wide body GR SUPRA street conceptがモデル

投稿日:

MINI GTのHKSトヨタGRスープラ2019 SEMA Presentationです。

SEMAショー2019のHKS USAブースで発表されたHKS USA MKV wide body GR SUPRA street conceptをミニカーにしたもの。

HKSのGRスープラはADVANカラーの「HKS ADVAN GR SupraはMINI GTの新作アドバンGRスープラ」でご紹介済みですので出来についてはそちらをご覧いただき、今回はHKS USA MKV wide body GR SUPRA street conceptのベイルアウトモデルのカラーリングを中心に見て参りましょう。

HKSと言えば、このトリコロールのカモがフラッグシップカラー。
HKSワークスカラーですが、SEMAショーのモデルでは、ベースカラーがブラックではなくマットグレーでした、

しかし、なぜかMINI GTではマットグレーではなくパールの入ったマットめのガンメタ。

こっちの方が見た目はイイのですが気になるところです。

その他は、かなり実車のHKS USA MKV wide body GR SUPRA street conceptの再現に注力されていて、特にHKSカモパターンは図柄の位置までよく再現されています。

フロントウィンドウのハチマキに「GROBAL TIME ATTACK」と入っていることから、厳密にいえばSEMAショー2019のバージョンではなく、その後ステッカー類が追加されたバージョンがモデル化されています。

リアフェンダー上のカナードがカーボンルックになっているのはボディカラーと同様に実車とは違いますね。因みに実際のパーツはFRP製です。

ミニカーとしての見た目を優先してマットグレーではなくガンメタ+カーボンルックを選択したということになりますね。

左右シンメトリとなる、HKSカモのデザイン。
今まではアシンメトリでしたが、HKS USA MKV wide body GR SUPRA street conceptではワークスカラーながら新たなデザインに。

ミニカー的には再現しやすいですね。

パールの入ったマットガンメタは、接近してみると石のような質感で面白い。
実車とは違いますが、これはこれでいいじゃありませんか。

シャシー裏は、パンデムのGRスープラとモールドは同じで、サイドの張り出しが延長されているくらい。モールドも恐らくノーマルのものでしょう。

できればマフラーはDual Muffler for GR SUPRAの別々のタイコが2つ重なるツインサイレンサーが再現されていたら感涙に咽び泣いたでしょうね。

そんなワケで、ちょっと遅くなりましたがMINI GTのHKSトヨタGRスープラ2019 SEMA Presentationを見て参りました。
実車とは違うカラーリングながら、マットガンメタの見た目は大分イイ。

ADVANカラーをお持ちの方もワークスカラーは手元に置いておきたいミニカーですね。

 

 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-MINI GT, チューニングカー, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.