車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

INNO(イノモデル) チューニングカー ニッサン ミニカー リバティーウォーク 東京オートサロン

イノモデルINNO64-Rの日産スカイラインLBWK"ER34"スーパーシルエットをリバティーウォークの実車と比較

投稿日:

2020年の東京オートサロンに展示されたリバティーウォークのLB-ER34スーパーシルエット スカイライン

先日ご紹介したイノモデルのINNO64-R 日産スカイラインLBWK"ER34"スーパーシルエットが実車と比べてどうなのか?比較してみたいと思います。

INNO64-Rのミニカー「INNO64-Rのリバティウォーク日産スカイラインLBWK"ER34"スーパーシルエットはイノモデル1/64初のレジンモデル」の記事でも書きましたが、デッパとなるフロントスポイラーは東京オートサロン2020で展示された車両よりかなり長く見えます。

細かなステッカー類も再現しているイノモデル。
フェンダースポイラーの内側のステッカーの位置がフェンダースポイラーに近いところに貼られてしまっているのは惜しい。しかしこれは個体差かもしれません。

やや比較しないと分からないくらいのところですが、フロントフェンダーが実車のほうが抑揚があり、エッジがややシャープですね。

最後はシルエットフォーミュラのスカイラインシルエットとも並べてみました。

画角の違いがあるので全く同じ角度ではありませんが、けっこう3台ともイイ感じ。
こうしてみるとご先祖様のスカイラインシルエットのAピラーはけっこう立っているのが分かりますね。

しかし、イノモデルのINNO64-Rの日産スカイラインLBWK"ER34"スーパーシルエットは良く出来ています。

気になるのは最初に思ったフロントスポイラーの長さくらいでほかは、1/64スケールで良くぞ再現した!という感じでイイ出来です。

値段は少し高いですが、今回比較してみて、やはり買ってヨカッタ1台だったと再確認できました。

お値段が高いのはレジン製で作れるミニカーが少ないからと、リバティーウォークのLB-ER34スーパーシルエット スカイラインがカラバリ展開できないからということ。

実車はコンプリート販売で赤/黒カラーに出来るの5台のみという事ですが、それ以外は違う色でもいいわけで、ならばカラバリ展開して金型作ってダイキャスト製でも元は取れたのでは?

と思ってしまうのは浅はかでしょうか。

※フォトショでブルーにしてみたINNO64-R LBWK ER34。

試しにブルーにしてみました!
イケると思うのですが…。

 

 

 


 

 

 

 

▼関連記事はコチラ
イノモデルの1/64スケール、ロケットバニー日産S13シルビアV1とパラゴンのLB-WORKS×BMW i8【INNO64&PARA64】

イノモデルの1/64日産スカイラインGT-R「カルソニック・チーム・インパル」INNO64 NISSAN SKYLINE GT-R R32#12 "CALSONIC TEAM IMPUL" IN64-R32-CA12

INNO64の1/64日産スカイラインGT-R R32"パンデム"が初めてのイノモデル

当ブログのイノモデルの全記事

当ブログのPANDEM関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-INNO(イノモデル), チューニングカー, ニッサン, ミニカー, リバティーウォーク, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.