車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

MINI GT ミニカー ランボルギーニ リバティーウォーク 東京オートサロン

オートサロン限定発売!MINI GTのLB-シルエットWORKS・ウラカンGT

投稿日:2020年1月26日 更新日:

MINI GT 1/64 LB- Silhouette WORKS GT Huracan GT

東京オートサロン2020のリバティーウォークブースで限定発売された、MINI GTのLB-シルエットWORKS・ウラカンGT。

カーサンもリバティーウォークブースはサルっと確認したのですが、この時にはすでに売り切れだったのか、見落としたのかは分かりませんが、見かけませんで、手に入れることが出来ていませんでした。

ところが、なんと仲間が手に入れていたことが判明!
見せてもらうことにいたしました。

コチラです!
彼はブリバリしない派なのでパッケージのまま撮影です。

ブリスターパックで台紙はブラックベースでLBWKと入っています。

今までカーサンが手に入れたMINI GTのボックスアートはミニカーの写真でしたが、こちらは実車のリバティーウォークLB-シルエットWORKS・ウラカンGTが使われていました。

ミニカーの画像が間に合わなかったのですかね?逆に限定っぽくてイイかもしれません。

MINI GTのLB-シルエットWORKS・ウラカンGTをじっくり(パッケージの外から)

ホワイトのボディーカラーはリバティーウォークのHPにも掲載されている定番カラー。
ルーフはブラックです。

やはりリバティーウォークのHPに掲載されているLB-シルエットWORKS・ウラカンGTを再現しているようで、細かいステッカー類も印刷されています。

僅かにリアウィング上の「LBWK」だけHP掲載車両とは違いますね。
目立つところなのでミニカー制作のための取材時には「LBWK」のロゴはなかったのかもしれません。

細かいところで言えばフロント開口部の小さなレッドのストライプも入っていませんね。

ヘッドライトとテールライトはクリアパーツ。
テールライトのレッドの塗りが少し雑なのは残念なところですが1/64スケールのミニカーなのでそこまで気になりません。

チタンマフラーの焼け色もアルマイトブルーで再現。
細かいパーツの塗分けも良くできていますね。

というわけで、東京オートサロン2020で限定発売されたMINI GTのLB-シルエットWORKS GT・ウラカンGTを見て参りました。

仲間が手に入れてくれていた(別にかーさんのためではない)おかげで、ブリスターパック越しではありますが見ることが出来ました。感謝!です。

てっきり東京オートサロン2020限定のマットホワイトが1stカラーと思っていたのですが、予約の始まったMINI GTのLB-シルエットWORKS・ウラカンGTはロッソマーズのカラー。

1stカラーはロッソマーズのようですね。

発売が楽しみです!



  

 

▼関連記事はコチラ
リバティーウォークLB-シルエットワークスGTの35GT-RRはドライカーボンのR35【東京オートサロン2020】

無理しないで行く東京オートサロン2020

リバティーウォークのLB-シルエットWORKSウラカンGT【TAS2020 Anti Social Social Clubコラボ】

リバティーウォークのLB-ER34スーパーシルエット スカイラインが東京オートサロン2020に登場。本物DR30との比較も。

MINI GTの新製品LBシルエットワークスGTのウラカンがプレオーダー開始。リバティーウォーク35GT-RRはまだ?

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-MINI GT, ミニカー, ランボルギーニ, リバティーウォーク, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.