車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

F-Toys トヨタ ミニカー 未分類

ガチャった1/64トヨタコレクションのAE86スプリンタートレノは、やはりアレでした…[MONO、PLATZ]

投稿日:

MONOのカプセルトイ、ガチャのTOYOTA COLLECTIONの1/64スケールミニカー、トヨタ・スプリンタートレノ(AE86)です。

ショッピングモールに20台くらいガチャが並んでいる中にあったのが、新型トヨタ86と旧型スプリンタートレノAE86のガチャ。

これはトライしなくては!と300円を投入…いや400円か。ちょっと高めなのね。

400円を投入して…ガチャっとな。

…で、出て参りましたのが冒頭の銀色のハチロク。
あれ?見たことがある…。
これを手にした時点で、全てを理解致しました…。

これはアレなのだと…。

ガチャの台紙をもう一度、よく見て見ますと、小さく…小さ~くですが「名車コレクション Vol.2」と書いてあります…。

そうこれは「ガチャの1/64マツダ名車倶楽部Vol.1って…もしかしてF-Toysのカプセル・トイ?」でもご紹介しているF-Toysの日本名車倶楽部と同様のスプリンタートレノのガチャ版なのです!

F-Toys_トヨタ・スプリンター・トレノAE86_02

上が今回のMONOのガチャのAE86で、下がF-Toys日本名車倶楽部のAE86です。
ガチャのほうが廉価版のようでフェンダーウィンカーの印刷がオミットされています。
フェンダー上部にヘコみがありますが、これは個体差ですね。

F-Toys_トヨタ・スプリンター・トレノAE86_04 上/MONO 下/F-toys フォグランプのイエローが無くなり、クリアレンズに。ナンバープレートの塗りもなくなりました。

F-Toys_トヨタ・スプリンター・トレノAE86_11

顕著な違いがテールエンド。
テールランプは着色無しのクリアーレンズに。「TORENO」などのタンポ印刷は目立たないグレーになっています。
F-Toys版はもしかするとボディーカラーごとに印刷の色が違ったのかもしれません。今回はどのボディカラーでも同じ色に統一してコストを抑えているのかも。

グレーなのはホワイトボディに対応したものでしょう。
ナンバープレートやマフラーはコストを掛けないよう着色されていません。

テールランプの塗りが無いと益々、素組みのプラモっぽい感じに…。

F-Toys_トヨタ・スプリンター・トレノAE86_12

シャシー裏のエキゾーストパイプの塗りも無し。
代わりに「PLATZ」のロゴが印刷されています。

ドアミラーが別パーツなのは日本名車倶楽部と同様です。
ガチャであっても「対象年齢15歳以上」です。

以前の記事では開け忘れていたAE86のエンジンルーム。
開いた状態で自立しないのが残念なところ。ノーマルとは違いストラットタワーバーが装着されています。

3Dスキャンした車両がタワーバー付きだったため?ですかね。

F-Toysとの違いは塗られなかったナンバープレートの代わりに同封のミニパンフにナンバーの印刷があって切り貼り出来るようになっています。
こういうのは嬉しいですね。

よく見るとドアミラーのミラー面も切り貼り出来るようになってますが、出来る人います??ドアミラー自体の装着も難しいですのに。

そんなわけで、このガチャの「名車コレクション2 トヨタ・コレクションのスプリンタートレノAE86はF-Toysの廉価版のガチャということのようです。

OEMでアチコチに納入されますので気をつけないとカーサンと同様に同じもの(の廉価版)を手に入れることになってしまうかも。

買いそびれた方は、これを機にガチャで手に入れることが出来そうですヨ。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
F-ToysのフェアレディZニスモ(Z34)は日本名車倶楽部10からの1台

F-ToysのホンダNSX、NA1を日本名車倶楽部9から

マツダ・コスモスポーツのボンネット開閉ギミックがやっと開いた!日本名車倶楽部Vol.7「ロータリーエンジンの継承」エフトイズ

F-toysの日本名車倶楽部Vol.7「ロータリーエンジンの継承」からマツダ・コスモスポーツですが塗装が…

F-toysの日本名車倶楽部Vol.7ロータリーエンジンの継承が発売!RX-7(FD3S)のボンネットはこう開けた!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-F-Toys, トヨタ, ミニカー, 未分類

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.