車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ホンダ ミニカー

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)のホンダ・シビックEG

投稿日:

EG型シビックの新金型ホットウィールです。
ワイルドスピード・プレミアムシリーズ、ファスト・チューナーズが新車となります。

走り屋がイエローボディにブラックボンネットのシビックEGを見ると、やはり思い出すのはホンダ系チューニングショップ、スプーンのシビックEG。

恐らく今回のホットウィール、シビックEGもスプーン・シビックをイメージしたものではないかと思われます。

とはいえ、スプーン・シビックEGとは違い、リアハッチ部分もブラックになっている、ルーフスポイラーはノーマルのまま(これは、カラバリを考慮しての事と思います)がありますので、完全にスプーン・シビックEGを模しているわけではないようです。

スプーン・EG型シビックに関してはすでにミニカー各社から発売されているので、その違いを見ることが出来ます。


さすがにイエローボディにブラックボンネットのカラーリングは売り切れておりますね。

さてホットウィールのホンダ・シビックEGですが、基本的にはノーマル。
ホイールがTE37っぽいものであるということと、マフラーがやや大口径かな?ってところくらいです。

ブラックボンネットはカーボンボンネットを模していると思いますが、カーボン柄が印刷されているわけではないので、当時の走り屋がよくやっていた、FRPの黒ゲルコート仕上げのまま装着するパターンかも。

そっちのほうがマニアックで面白い。

同様にリアハッチもカーボン柄があるわけではないので、FRP黒ゲルコート仕上げのまま装着したパターンかも。

3Dスキャンでしょうからボディの出来はイイ。
タイヤが大きいのは共用部品なので仕方がありませんね。

ホイールがブラックなのもスプーン・シビックEGっぽさを出しています。

ヘッドライトもテールランプも印刷で再現していますが、位置はピタリですながらクオリティは低くくかすれたようになってしまっています(特にヘッドライト)。

リアハッチのブラックもイエローのあとから印刷しているのでヘタな塗装みたいになってしまって残念。

こっれだったらハッチはボディ同色でスポイラーをブラックにしたほうが雑さが軽減できたのではないかと思います。

と、いろいろ書きましたが、何だかんだで走り屋世代には馴染み深いシビックEG、それもスプーンっぽいカラーで登場したのは嬉しい。

今度はイエロー/ブルーのスプーンのレーシングカーがカラバリで出てくるかもしれませんね。

▼こちらがスプーンシビックEGのレーシングカー


 

 

 

 

▼関連記事はコチラ
新旧アルピーヌA110のホットウィールとマジョレットを実車と比較

ライト点灯してみた!ルノー・アルピーヌA110のマジョレット【プライムモデル・レーシングエディション】

マジョレット・ミニカー、ルノー・アルピーヌA110-50【majorette RENAULT ALPINE A110-50】A110から50周年記念の車ですがルノー・デジール仕様?

マジョレット・ミニカーのビジョンGTコンプリートセットに入っていないアルピーヌ・ビジョングランツーリスモのカラバリをようやくゲット!

マジョレットのアルピーヌ ビジョン グランツーリスモはマットブラックにブルーで細部まで再現【alpine vision granturismo】

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, ホンダ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.