車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

レース車両 東京オートサロン

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR アルバートリック(ALBERT RICK)BMCエアフィルター&FOLIATECブース展示車両

投稿日:

VW GOLF GTI TCR

東京オートサロン2020のアルバートリック(ALBERT RICK)ブースに展示されたフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRです。

TCRといえば全日本スーパーフォーミュラ選手権と同日に開催されている、TCRジャパンシリーズで、市販ボディを用い、前後にワイドフェンダー、大きなGTウィングを装着した身近なスタイルのレースです。

展示されていたのはCOX社所有の フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR。

COXは自社ブランド自動車部品・スポーツ車両の開発・製造及び販売から競技用部品・エンジン・シャーシ開発、レースの企画・運営及び競技車両メンテナンス、競技車両販売まで手広く活動している会社で、展示車両の フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRは同社所有のレーシングカーです。

何といってもTCRの注目は前後に張り出したワイドフェンダー。カッコイイですね~。
チラリと写るエンジンルームから覗くインタークーラーにも注目。

とってつけたようなワイドフェンダーですがノーマルボディについているとグっときますね。

そして大きなGTウィングがTCR車両の注目点。

スワンネックタイプのGTウィングがリアウィンドウを貫通してセットされています。

もちろんリアウィンドウに取り付けてあるわけではなく、ウィンドウ越しに見える室内のステーに取り付けてあります。

マフラーは左右振り分けの2本出しスタイル。

大きなBMCエアフィルターが目立つフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRのエンジンルーム。

実は注目は…

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRのフロントグリル。
通常ハニカムメッシュのグリルがあるところには絵で描かれたグリル…。

せっかく開いている穴をなぜ、塞いだのか?ナゾですが、直後ろにあるインタークーラーの配置に関係があるのかも。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRの内部はがらんどう。ロールケージが張り巡らされています。

右端にリアウィングの取り付けステーが見えます。
リアハッチに留められていますね。
シャシー直付けかと思いましたがメンテナンス性を考えればリアハッチは開いたほうがいい。

今回の東京オートサロンではあんまりTCR車両は見かけなかった気が…見落としていただけかもしれませんが、カーサンの好きなワイドフェンダーだけにもっと見たかったなぁ…。

辛うじてフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRが見られてよかったです!


 

 

▼関連記事はコチラ
トヨタ・カローラ・スポーツ-TCR改 Ver.アドバンは架空のレーシングカー【 TOYOTA COROLLA SPORT-TCR改 Ver.ADVAN 】

ミニカーのディスプレイ台?アデナゥのVW Golf GTI Racingline PERFORMANCE GOLF TCRの東京オートサロン展示【スーパー耐久ST-TCRクラス参戦車両】

アデナゥのフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRはスーパー耐久ST-TCRクラスの参戦車両【VW Golf GTI Racingline PERFORMANCE GOLF TCR】

ホンダ・シビックTCRはタイプRベースのWTCR参戦車両【HONDA CIVIC TCR】

MOMOカラーのホットウィール・フォルクスワーゲン・ゴルフGTIを2台揃えて2カー体制?

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-レース車両, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.