車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

トヨタカローラ名古屋の86ボルトオンターボはディーラーチューン【AREA86TURBO】

投稿日:

トヨタカローラ名古屋 AREA86ターボ仕様デモカー

トヨタカローラ名古屋AREA86ターボ仕様デモカー_01
東京オートサロン2017のブースに展示されていたイカついトヨタ86。
まさか、これがディーラーチューンの86ターボだとは思いもしませんでした。

トラストのターボキットを組み込んだディーラーボルトオンターボ仕様。
ディーラーがボルトオンターボしちゃうなんてスゴイことです。

一時期ディーラー独自のカスタマイズが流行りましたが、エアロや車検対応マフラー程度。
それも規制が厳しくなったり、アフターフォローの問題からか、急速になくなっていきましたね。

社外エアロをつけていただけで怪訝な顔をされたり。
逆のそのころ保守的だったトヨタが最近はカスタマイズに積極的。
以前記事にした埼玉トヨペットがスーパーGTに参戦したり、こういうことに理解がある感じ。

やはり社長の豊田章男さんの影響なのでしょうね。
自動車メーカーの社長は自分で走るべきでしょう。
トヨタはいい方向に向かってますね。

というわけでトヨタカローラ名古屋もモータースポーツに力を入れているようで、86BRZレースにも参戦。
この86もその一環なのでしょう。

トラストのターボキットを装着し、マフラーをトラストのコンフォートスポーツVer3に変更することで242馬力を発生。
足回りもHKSのハイパーMAX SPが装着、ブレーキは定番エンドレスのブレーキキットM4S2で足回りとブレーキもチューニング。
ホイールはWEDSスポーツのSA-15Rで、タイヤはブリヂストンのS001の225/40R18サイズ。

エアロはディーラーらしくモデリスタのフルエアロ。
フルバケシートも装備。

ディーラーチューンらしくKOUKI86の純正用ヘッドライトユニットやテールレンズを流用するこちらも定番チューン。ハンドルもKOUKI86のものを流用。

公道走行可能ながらも販売はされないようで惜しい。
アフターフォローまで考えると難しいのでしょうね。

それでは、トヨタカローラ名古屋 AREA86ターボ仕様デモカーを見てみましょう。

トヨタカローラ名古屋 AREA86ターボ仕様デモカー 後

トヨタカローラ名古屋AREA86ターボ仕様デモカー_02
リアスポレスなのが潔い。KOUKI86のテールランプもバッチリ。

トヨタカローラ名古屋 AREA86ターボ仕様デモカー 後

トヨタカローラ名古屋AREA86ターボ仕様デモカー_03
トラストのコンフォートスポーツVer3はオールステンレス製ですがチタン特有の虹色の焼けがマフラーカッターに見えます。どうやら最初からそういう仕上げがされているようです。
ボルトオンターボですが、NA用のマフラーでいいのか?って疑問が残ります…。

トヨタカローラ名古屋 AREA86ターボ仕様デモカー エンジン

トヨタカローラ名古屋AREA86ターボ仕様デモカー_04
エンジンルームのフロントバンパー側にタービンがチラリ。
タワーバーも入って剛性アップもされています。

トヨタ86のもう少しパワーが欲しいというユーザーにはうってつけのボルトオンターボ。
ディーラーで保証付き新車で買えたらいうことなしですね。

▼KOUKI86純正以外にもトヨタ86用テールランプがたくさん出てますね。


にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.