車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

マジョレット情報 ミニカー

マジョレット新車のコルベットC7.R/Majorette PRIME MODEL Racing Edition2 Chevrolet Corvette

投稿日:

マジョレットプライムモデル、レーシングエディション2で発売されたシボレーコルベットです、

新金型の新車となるマジョレットのシボレーコルベットはC7.R。それもGTウィングのドーンと付いたレーシングカー仕様。

カラーリングからすると2014年のデトロイトモーターショーで発表されたデイトナ24時間耐久レース用のコルベットC7.Rを模したと思われます。

とはいえ、フロントスプリッターの左右翼端板がかなり大きく、実車とは少し異なるところも。

全体的な出来はフロント周りはイイとして、リアは…今一つではあります。
しかしマジョレットプライムモデル、レーシングエディション2のラインナップとしては相応しい1台です。

タイヤが共用パーツなので少し車高が高いのが難点。

大きなGTウィングは実車同様、フロントスプリッターの大きな翼端板はきちんとボディから離れている点に注目。

モービル1のステッカーがブランドカラーではなくシルバーになってしまっていますが、スポンサーステッカーを再現してくれたのは嬉しいですね。

ドアサイドのステッカーはコスト削減のためか左右同じものを使用。
実際は、左サイドのステッカーはカーナンバーとアメリカの国旗が逆になっているのですが、スルーされてしまいました。

ヘッドライトはクリアーパーツ。テールランプは印刷です。
毎回ですがマジョレットはテールランプの印刷再現は凝らないんですよね…ホットウィールみたいにもう少し描き込んでもいいのでは?と思うのですが…。

フロント開口部に印刷を入れる手間より、ここを凝ったほうが見栄えがすると思います。

マジョレットミニカーお馴染みのドア開閉ギミック。
いつも問題が発生してばかりでしたが、今回のマジョレットプライムモデル、レーシングエディション2では、皆、問題なく開閉できています。

特に、このシボレーコルベットC7.Rはとても具合がイイ。
今までのマジョレットの中で一番スムーズに開閉できました。

…個体差かもしれませんが。

コックピット内部は同じマジョレットプライムモデル、レーシングエディション2の日産GT-RニスモGT3のようにロールバーまで再現されておらず…残念。

実車はサイドシル上にごっついクロスバーが入っているので、そこを再現して頂けるとドア開閉の喜びもあろうというもの。

さて、今回のマジョレットプライムモデル、レーシングエディション2では白いモデルが多かったので、鮮やかなイエローのコルベットは目を惹きましたね。

出来は今一つではありましたが、デイトナ24時間カラーのマジョレットですからね、手に入れておきたいと思います。

次のラインアップとなる、シティコレクションでは、マットブラックのシボレーコルベットが発売されるようですから、そちらにも期待ですね。

 


 


アマゾンではコルベット無しの4台セットでも高値!プレミアついてますね▼

 

 

 

▼関連記事はコチラ
マジョレット・ミニカー販売店拡大中?今なら新作も手に入りやすい?

マジョレットのプライムモデル・レーシングエディション2

マジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2で発売されたNISSAN GT-R・ニスモGT3

マジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2で発売されたトヨタ・セリカGT(TTEラリーカラー)

当ブログのマジョレットミニカー関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-マジョレット情報, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.