車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

レース車両 動画

モーターヘッドヒルクライム・箱根ターンパイクをレーシングカーが!

投稿日:

MHヒルクライム。こんなすごいイベントが行われていたとは!
全く知りませんでした。

Motorhead Hakone Hill Climb II // Supported by TONE // Full Throttle Zenkai

なんとMAZDAターンパイク箱根、小田原本線を通行止めにして行われたイベント。
公認のイベントなのです。

しかも2回目。



第1回の様子もYouTubeにアップされていました。

Motorhead Hill Climb Sponsored by Recaro


▲こちらは第1回の様子。

2回目となる今回は、F1マシン、スーパーGTマシン、グループCカー、D1グランプリのドリフトマシン、チューニングカーが参加。
このイベントで最高速度をマークしたのは244km/h。あのHKSが製作したGT-R。
1100馬力を紡ぎだすモンスターマシンで一般公道を疾走します。

この動画がトンチが利いていて面白い。
今回、出走したF1マシン、ロータス78とベネトンB189がガソリンスタンドに立ち寄り給油。
ターンパイク箱根の料金所できちんとお金を払って入場するというオープニングで始まります。
遊び心が楽しいです。

ところが、そんな楽しさは全開走行の車載映像で吹き飛びます。


▲全開車載映像ごこちら(第1回の時のもの)

本気です。当たり前ですが、本気です。

サーキットと違って2車線使っているとはいえ道幅が狭い。
しかも普段自分で運転している風景に近い中での全開走行なので、
スピードの違いが感覚として伝わり、「やべぇ」と体が反応してしまいます。
恐るべしはレーシングドライバー。
やはり異次元です。

そしてある意味、実際のフィールドに近いD1マシン。
それでも、プロの速度は異次元。公道で全開でドリフトって信じられません。
その動画も公開されています。

やはりプロのドライバーは違う。
住んでいるスピード域が違いすぎます。

その1人が谷口信輝選手。今回244km/hを叩きだしたレーサーです。

この様子は既に発売中のモーターヘッド18号、ビデオオプション263号でも紹介されているようです。
そしてモーターヘッド ヒルクライム SPECIAL BOX SETが発売中らしいです。


▲アマゾンのレビューによると3本それぞれの内容に関してレビューがありますので、ご参考に!(クリックでアマゾンへいけます)


にほんブログ村

-レース車両, 動画

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.