車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

未分類

トップフューエル&零1000のS660タイプRRがハイフロータービンで135馬力!

投稿日:2017年2月9日 更新日:

トップフューエル&零1000 S660タイプRR 東京オートサロン2017展示車両

トップフューエルs660のタイプRR_01
カーボンブラックとレッドのカラーリングがド派手なトップフューエル&零1000、S660タイプRR。
前回、ご紹介の同じくトップフューエル&零1000、S660タイプZEROよりヘビーなチューンが施されたマシン。

ブーストアップでは80馬力そこそこだったS660が135馬力までパワーアップ。
オリジナルのハイフロータービンに交換、大容量インジェクター、オイルクーラーに加えてビッグインタークーラーの導入とS660タイプZEROより大掛かりなチューニングが施されています。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR 前

トップフューエルs660のタイプRR_02
カーボン地とレッドのアクセントにゴールドラインがカッコイイ。
エアロはガレージベリー製。リップスポイラータイプ。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR 後

トップフューエルs660のタイプRR_03
サイドからリアはブラックとレッド。カーボンはフロント側のみですね。
コックピットにチラリ見えるロールケージは7点式。
埼玉県桶川市のサイトウロールケージ製。
オープンカーでも乗降しやすく開放感も留意したラダーバーがいいですね。
7点とは?と思いましたがこのラダーバーのことでしょうかね。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR 前

トップフューエルs660のタイプRR_04
綾織柄のカーボンボンネット。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR 前

トップフューエルs660のタイプRR_05
ガレージベリーのエアロは割りとプレーンな印象でしたが、カラー塗り分けると大分アグレシブに見えます。
カナードは追加ですかね。

▼ガレージベリーのリップスポイラーが▲あのように。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR 後

トップフューエルs660のタイプRR_06
リアバンパーはノーマルっぽく見えますが…。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR 後

トップフューエルs660のタイプRR_07
ノーマルより開口部が大きくなってますね。メニューにリアバンパースリット加工とありますからノーマル加工でメッシュネットを張ったのかもしれません。
ガレージベリーのバンパー突き抜けみたいな左右出しマフラー仕様のバンパーもカッコイイです。
重量は増してしまいそうですが…。

▼ガレージベリーのリアはこんな感じです。もちろんマフラーは専用のものにしないといけません。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR フロントフェンダー

トップフューエルs660のタイプRR_08
フロントフェンダーもカーボン製?

トップフューエル&零1000 S660タイプRR エンジン

トップフューエルs660のタイプRR_09
オリジナルハイフロータービン、大容量インジェクター&ポンプ、水冷オイルクーラー、ビッグインタークーラー、パワーチャンバーとメニューにはあって、やることはやった!ッて感じのs660タイプRR。

オリジナルのハイフロータービンが気になりますね。恐らくHKSのGT100Rをハイフロー化したとおもわれますが。
トップフューエルのハイフロータービンキットの説明には「排圧対策は単純にカットバック処理等を施しただけのタービンとは違い…」とあり、排気側のブレード加工に独自のノウハウがあることを謳っています。

気になりますね~。

トップフューエル&零1000 S660タイプRR パワーチャンバー

トップフューエルs660のタイプRR_10
リアルカーボンのパワーチャンバーは前回のs660タイプZEROでも採用されていて見ためから美しい。

とにかくs660は熱対策。
走りの車だけにエンジンには高負荷がかかります。
冷却性能大事です。

そうそう、ブレーキがエンドレスのスーパーmicro6に代わってます。
こんなに小さくても6ポットのブレーキ。
止まれる事も大事なことですね。

トップフューエルに関する他の記事
ホンダS660に関する他の記事


にほんブログ村

-未分類

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.