車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

トップフューエル&零1000のS660タイプZEROはストリートメインながら、タービン交換。ん?パワーチャンバーとは?

投稿日:

トップフューエル&零1000 S660 タイプZERO 東京オートサロン2017展示車両

トップフューエルs660のタイプZERO_03
トップフーエルのS660です。
トップフューエルでは2台のS660を東京オートサロンに出展していまして、それぞれチューニングが異なります。

この白のS660はタイプZERO。
ストリートメインのチューニングでライト方向のメニューです。
ライト方向とはいってもタービン交換まで行っていますからね。
なかなかなものですよ。

仕様としてはタービンをHKS・GT100Rプラスに換装、フラッシュエディタープラス、SQV、水冷オイルクーラー、パワーチャンバーで110馬力を発生します。
HKSのGTⅢキットをベースにしていると思いますが、熱対策の水冷オイルクーラーは大事ですね。
ホンダ車はターボではなくても熱対策が大事ですからね。
ましてミッドシップのs660なら尚更ですね。

そんなタービン交換でもライトなトップフューエル&零1000 S660 タイプZEROをくるっとみてみましょう。

トップフューエル&零1000 S660 タイプZERO

トップフューエルs660のタイプZERO_01
ホワイトにブラックのグラフィックとドアミラーのレッドが零1000のロゴとマッチしていいですね。

トップフューエル&零1000 S660 タイプZERO 後

トップフューエルs660のタイプZERO_02
最近の東京オートサロンではブースでマイクを用いて車の紹介をするイベントがブースごとに行われていて活気があります。カーさんが行ったときもマイクパフォーマンスが行われ、チューニング解説が行われていましたよ。

トップフューエル&零1000 S660 タイプZERO 後

トップフューエルs660のタイプZERO_04
エアロは無限のものを採用。
フロントリップ、サイドスカート、リアアンダースポイラーの定番3点セットが装着されています。ノーマルに被せるハーフタイプですね。

トップフューエル&零1000 S660 タイプZERO 後

トップフューエルs660のタイプZERO_05
リアアンダースポイラーは写真では、ちょっと分かりづらいですね。

トップフューエル&零1000 S660 タイプZERO エンジン

トップフューエルs660のタイプZERO_06
s660はブーストアップでは80馬力くらいが限界のようで、100馬力以上はタービン換装となるようです。
トップフーエルではHKSのポン付けなら日帰りでタービン交換が可能らしいですね。

さすがにオイルクーラーまでは日帰りでは難しいでしょうけど。
高負荷での走行が多い方はクーリング対策まできっちりやったほうがいいですね。

ところでチューニングメニューにあったパワーチャンバーってなんでしょ?
と思っていましたら上の写真にチョロっと写っていました。

こちら▼
トップフューエルs660のタイプZERO_07
奥のポップにちょうどパワーチャンバーのことが!
正確にはパワーチャンバーfor K-Carですね。

パワーチャンバーはココ。
赤い矢印のところに付いてます。
綾織柄のカーボン部分が見えますね。ここがチャンバー部分になります。
なんとリアルカーボン製だそうで、エンジンフードあけたらインパクトあります。
効能は「吸入効率・軽量化・吸入サウンド」ということで、押して知るべしですね。

キノコ型のエアクリーナーもくっついているので純正エアクリと交換でOKみたいですよ。
この手のエアクリに変えると吸気音が変わり面白いんですよね。
車種によってはブローオフバルブを後付しなくてもプシューって吹き返し音が聞えたり。
昔R32(GT-Rではない)に乗っていた友達がM’sのエアクリに変えただけでプシューって音がするようになって喜んでいましたね。

▼こちらのショップにはレビューコメントがありますね。

▼色は2色。ブルーもキレイですね。

パワーチャンバーはs660以外のラインナップもあります。
要チェックですね。

ちなみにこの東京オートサロン2017で展示された車両はCVT!
そういったところでもライトなチューンをアピールしているようです。


にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.