車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

ホットウィールのRIVITEDはなんて読む?V8エンジン搭載のマッスルカー【 Hotwheels RIVITED 】

投稿日:

Hotwheels RIVITED 427CI V8 Twin Turbo

Hotwheels_RIVITED_01
ホットウィールのオリジナルデザインのRIVITED。
なんて読むんですかね?
リヴィテッド?ライヴィテッド?ナニはともあれ、カッコイイ。
こちらは実車ではありませんが、Hotwheels3packの中の1台です。

V8よりも大きく見えるエンジンがボンネットから突き出しています。
ここが一番目を惹くところ。
排気量427キュービックインチ(7.リッター)のV8エンジンをツインターボで加給し、出力は815馬力。

意外と現実的な設定でデザイナーが求める車の1つの形なのでしょう。

ガンメタのボディーにはレッドとオレンジで矢印のようなグラフィックが入ってちょっとMOMOっぽいデザイン。

リアウィングはフェラーリF40よろしくアーチ状の大型のものが採用されてボンネットのエンジンの大きさとバランスさせています。

ボディー本体はレトロ感漂うアメ車然としたスタイルでオーバルリングの中にヘッドライトを2灯ずつ合計4灯で、ちょっとタレ目気味なのがかわいい。
こういうギャップがあるのもホットウィール・ファンタジーカーのいいところ。

それでは、ホットウィール3パックに入っていたRIVITEDを詳しく見てみましょう。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_02
Cピラーの感じが70のスープラっぽくもあります。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_03
リアウィングはF40を彷彿とさせますね。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_04
ヘッドライトは立体的に表現されていていい感じです。タレ目で悲しげにも見えます。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_05
バンパー貫通の高い位置に配置されるマフラーがカッコイイですね。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_06
ちょっとマッドマックスっぽくもあります。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_07
リアウィンドウが昔のリアバイザーっぽくもあり…。
そうそうルーフには切り込みがあってドアはガルウィングのようですね。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_08
チョップドルーフもいつものとおり。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_09
サイドから見ると意外と流麗なボディーラインを見せます。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_10
この角度だと、デ・トマソ・パンテーラっぽくもあったり。メッキグリルがいいですね。

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_11
丸目4灯のテールランプがちょっと雑?

Hotwheels RIVITED 前

Hotwheels_RIVITED_12
427キュービックインチV8ツインターボエンジン。
メッキでビカビカ!ボンネットと融合したかのようなデザインが面白い。

▼楽天では色違いも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Hot Wheels 2013 Hw Racing Rivited 147/250 Super Chromes】 b00ffi0qtm
価格:3823円(税込、送料無料) (2017/9/6時点)


にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.