車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トミカ ニッサン フェラーリ ホンダ ミニカー

2021年8月のトミカの日はMINI GTも。

投稿日:2021年8月22日 更新日:

この土曜日はトミカの日。この週末に届いたミニカーは、コチラ▲

トミカのフェラーリ・ローマの通常仕様と初回特別仕様、ホンダe。

ここのところ、ずっと記事にしております、日産GT-R50 by イタルデザインのトミカプレミアム通常仕様と、トミカプレミアム発売記念仕様。

そして異様にデカい箱がMINI GTの1/64 ダットサン 510 プロストリート OG グリーン KAIDO HOUSEです。

う~ん、どれも魅力的なミニカー。

特に日産GT-R50 by イタルデザインは「EraCARの1/64 NISSAN GT-R50 BY ITALDESIGN Production Version Pearl Blue アヒルのEra Duck(エラダック)付」でプロダクションバージョンを手に入れておりますので、プロトタイプとの比較が楽しみ。

トミカのフェラーリ・ローマの通常仕様と初回特別仕様

例によって通常仕様がレッド。ロッソコルサかロッソスクーデリアか、フェラーリ定番のレッドです。

初回特別仕様が、ブラックかグレー。ブラックならイタリア語で黒を示すネロ(デイトナ)を表現したカラー、グレーならグリジオ・シルバーストーンと思われます。

フロントミッドにV8を配置して前後重量配分を50:50としたフェラーリ・ローマも後々ご紹介しようと思います。

トミカプレミアム、日産GT-R50 by イタルデザインの通常仕様と発売記念仕様

今回、カーサンが一番欲しかった日産GT-R50 by イタルデザイン。
プロトタイプのままのガングレーメタリックとゴールドの通常仕様とレッドとゴールドの組み合わせのトミカプレミアム発売記念仕様。

レッドのほうは、恐らく全くの架空のバージョン。
ミニカーならではのカラーリングです。

実車とも比較したいですし、エラカーのプロダクションバージョンとも比較したい!後々記事にしますね。

東京モーターショーでのプロトからカワイイと思っていましたが、トミカになってもカワイイ、ホンダe。

これに関してはレビュー記事にできないかも…更新ペース的に。

MINI GTの1/64 ダットサン 510 プロストリート OG グリーン KAIDO HOUSE

こちらはMINI GTの1/64 ダットサン 510 プロストリート OG グリーン KAIDO HOUSE。

通常のMINI GTの箱よりも格段に大きいボックスで特別なミニカーであることがわかります。

ホットウィールのデザイナーで有名なJUN IMAI氏の率いるKAIDO HOUSEとのコラボミニカーで、こちらも楽しみにしていたミニカーです。

近々にレビュー記事にしたいと思っています。

 




▼レッドのバージョンが!


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-トミカ, ニッサン, フェラーリ, ホンダ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.