車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

「旧車」 一覧

環状族のマンガ再び「大阪MADファミリー」

2019/08/25   -旧車,

大阪の環状族を題材としたマンガ、「大阪MADファミリー」の2巻が発売。
大阪環状族といえば、「ナニワトモアレ」「なにわ友あれ」が有名ですが、その作者、南勝久氏が「激押し」との帯がついています。
南勝久氏といえば、ファブルが映画化されるなど、今や大御所。
ナニワトモアレでS13シルビアのフロントフェイスにそっくりな女の子を描いていた時代からは想像できませんね。

スターロードのフェアレディZ(S30)はのLEDヘッドランプを組み込んだフルレストアカー【STARROAD S30Z】

STARROAD(スターロード)の日産フェアレディZです。S30型のGノーズ。
240ZGのノーズ部分が空力を考慮して尖がったパーツがつけられていたことからGノーズの愛称で呼ばれています。
このSTARROAD(スターロード)のS30Zはフルレストア。
ドンガラ、フレーム状態までバラしてレストアしていく手間も時間もかかるフルレストアです。
ネオビンテージと呼べる現代の技術も盛り込んだ一歩進んだ旧車の姿を見せてくれています。

旧車レストアのスターロードのハコスカ(KGC10)はレストモッドのネオ・ビンテージカー

東京オートサロン2019のスターロードブースに展示された、ハコスカ。
ブルーグレーメタリックっぽいカラーリングが施されたハコスカです。
フルレストアを謳うスターロードのハコスカ(KGC10)。
フレーム状態にまでバラして手を入れていくフルレストアされています。
さらにネオ・ビンテージとしてアレンジが入っているのも魅力の一つです。

no image

バンザイ・スポーツ・ジャパンの半分塗装が剥がれたハコスカはスティーブ的視点のゼロセンモチーフ【Banzai sports japan】

バンザイ・スポーツ・ジャパンのハコスカです。
東京オートサロン2019の展示車両ですが、左右でカラーが違う?
ドライバー側右半分が高橋国光カラーで、パッセンジャー側左半分はエイジング処理されたウェザリング塗装。
これは一体?
高橋国光カラーのハコスカの塗装を剥がしたら、下からユーチューブで有名なスティーブ的視点のスティーブさんの所有するハコスカ・ゼロセンが現れたというコンセプトで製作された車両らしいです。

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.