車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ニッサン ホットウィール ミニカー

LB-シルエット・ワークスGT・ニッサン35GT-RR VER.2のホットウィール

投稿日:

LB-シルエット・ワークスGT・ニッサン35GT-RR VER.2のホットウィールです。

今回発売のホットウィールの中ではウラカンと並んで一番人気と思われる1台。
海外でも高い人気を誇るリバティーウォークのLB-シルエット・ワークスGT・ニッサン35GT-RR VER.2がホットウィールになるのは当然の流れ?

カーサンはMINI GTのLB-シルエット・ワークスGTの35GT-RRは手に入れておりますが、ホットウィールで発売とあっては欲しくなりますね。

MINI GT版ではウィング形状がVer.2なのに製品名がVer.1という謎がありましたが、ホットウィールではウィング形状通りVer.2となっています。

カラーリングは、スーパーGT2020年仕様のカルソニックGT-Rがモチーフの実車をベースにしていてカルソニックのロゴがLBWKになっています。

実車はボンネットにCALSONICのロゴがありますが、ホットウィールではオミット。
とはいえ、フロントのグリル、リアのテールランプやナンバープレート、そして左右のタンポ印刷でベーシックカーながら3面ではなく4面に印刷されています。

正面グリル印刷の1工程増えるだけで単価300円ほどのホットウィールでは結構なコスト増。

しかしクリアパーツや、キャビンなどの内装パーツはノーマルのニッサンGT-Rのものを流用していることで、プラパーツの新規金型がいらなくなっています。
そこでコストダウンが図れていることもあってプラマイ・ゼロになった…と考えれば納得がいきます。

もっとも一番はリバティーウォークのLB-シルエット・ワークスGT・35GT-RRなら数が捌けると見込んでいる…。ソコが一番大きいでしょうね。

カーナンバーは「12」カルソニック・チーム・インパルのナンバーです。
出来は3Dスキャンでしょうから悪いはずもなく…凹凸の大きいリバティーウォークのLB-シルエット・ワークスGT・35GT-RRをよく再現しています。

ヘッドライトはクリアパーツ。ニッサンGT-Rと共通化されコストダウンに寄与しています

ソリッドなライトブルーの塗装ながらフロントバンパーのダクトのエッジやボンネットのルーバーのエッジなどしっかり立っていて良いです。
メタリック系の塗装なら、もっとエッジが立ってメリハリが付きそう。
カラバリにも期待ですね。

カラバリ2ndカラーは実車にもなっているホットウィールロゴがデカデカと入ったカラーリングと予想していましたが…どうやら同じデザインでレッドがアナウンスされています。

シャシー裏。ややクサビ型になっていますね。
フロントとリアのディフューザー構造が再現されていてイイ感じです。

しっかりウィングも抜けていてしかも左右のステーのボディ接合部も実車同様に再現。3Dスキャンなら当然と言えば当然ですが嬉しいですね。

 

というわけで、手に入れましたLB-シルエット・ワークスGT・ニッサン35GT-RR VER.2のホットウィール。

単品販売ということもあって欲しい方々には行きわたったのでは?と思います。
良いことです。
取り扱いのなかった店でもホットウィールが置かれるようになってきていて嬉しいです。

発信力のあるリバティーウォークとホットウィールのコラボは長く続きそうで今後にも期待。
カラバリとなる実車は豊富ですから、カラー展開しやすいですし。

2ndカラーのレッドが楽しみです。

 



 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ニッサン, ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.