車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

MBKバンのHKSカラー・ホットウィールには象が乗っている【Elephant on the Matchbox's models】

投稿日:

ホットウィール、スピードショップガレージのMBKバン・HKSカラーです。
新金型の新車をゲットしたのでご紹介。

ノンライセンスということで架空の車という位置づけのHotwheels MBK VAN。
MBKって何の略かと思い、英文をググ訳してみますとマテルのタイ工場の「マテルバンコク(Mattel BangKok)」の略とのこと。

ノンライセンスながら、形状はトヨタのハイエースに似ています。

フロントこそ、トヨタのハイエースに似ていますが、リアは観音開きのアメリカンなデザインです。

ホイールが成形色ままのホワイトでフェンダーに被っているせいか、ラジコンっぽく見えますね。

言わずと知れた日本のチューニングパーツメーカーであるHKSのカラーリングが施されています。

HKSカラーだから購入したのです。
すでにホットウィールのHKSカラーは「HKSカラーのホットウィール・オープントラックの日産スカイラインGT-RはグループAカラーのBNR32」を手に入れているカーサン。

GReddyのトラストと並び、北米でも人気のHKS。この様子ですと、まだまだ増えそうです。

今気が付きましたがHKSカモ(グリーン/パープル/レッドのトリコ・カモフラージュ)が逆ですね。


▲カモパターンが右上から左下ですね。
間違い…かともいましたが、


こんな商品もHKS公式から発売されていますから、どちらでも良い?

サイドから見ると、やや前傾姿勢なのが分かる、ホットウィールのMBKバン。
ホイールアーチに被るほどの低い車高と大口径ホイールとでカスタムバンらしい仕上がりです。

フロントはヘッドライトやウィンカーこそ印刷されていますが、HKSカモの印刷がなく真っ黒いバンにみえます。

ワイパーが今やマイノリティーとなった対向式ワイパーが採用されているのも面白い。
でも左右のワイパーが重なっていないので、対向式ワイパーの利点であるふき取り面積の大きさが確保できていない…ってミニカーにグダグダ煩いですね。
オッサンになるとグダグダ言ってしまいます。

リアはキッチリHKSカモが印刷され、ナンバーにHKSと入れることでカーサンとは違い、煩くないデザインとなっています。

座席に象が座っているホットウィール・MBK VAN

コックピットの座席はバケットシートが3つ並べられレーシーです。
注目は、その1つに象が乗っているところ。

これは同じマテル傘下のマッチボックスミニカーのタイで生産されたモデルのシャシー裏にモールドされている象に因んだもの。

以前購入したマッチボックスのルノー トレゾア コンセプトの裏にも象が刻印されています。

タイでは象は特別な存在ですから、タイ工場に敬意を示しての造形です。

こちらはホットウィールMBKバンのシャシー裏。
ホットウィールのシャシー裏には象はいません。

 

HKSカラーのホットウィールのスピードショップガレージのMBKバンをご紹介しましたが、ノンライセンスながらHKSのカラーリングと相まって人気でした。

手に入ってヨカッタ。

過去に手に入れたhKSカラーのR32GT-Rと並べてみました。

まだまだ、これからもHKSカラーのホットウィールが発売されてきそうですね。楽しみです。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.