車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トミカ トヨタ ミニカー

ドリームトミカのワイルドスピード・ジェットブレイク劇中車のA90GRスープラ

投稿日:2020年6月4日 更新日:

Fast&Furious/GRSupra F9 The Fast saga

ドリームトミカのワイルドスピードFast&Furious/GRSupra F9 The Fast saga)GRスープラです。

2021年公開予定最新作のワイルドスピード、 ジェットブレイク(F9 The Fast saga)に登場する劇中車をドリームトミカで発売。

発売日から遅れてヤマダ電機で手に入れましたが、思ったより早く手に入れられたのでヨカッタです。

なにしろ公開前の映画の劇中車なので再現性はどうなのか?さっぱりわかりません。

唯一の手掛かりは公式HPで公開されているトレイラーに収録されたGRスープラの映像のみ。

トライラーで見る限り、劇中車のA90型GRスープラはノーマルでエアロはついていない様子。
ワイルドスピードらしさといえばハンの乗っていたヴェイルサイドエアロのFDモチーフのカラーリングくらいのようです。

自然とトミカも市販されているレギュラー品との違いはカラーリングのみのようで…値段が倍近いのにコストはどこに行ってしまったのか…?版権料?または新金型のA80型スープラのコストを吸収しようとしている?

マニアは2台とも買うだろうからというのは道理が通らない…なんだかホットウィールみたいな売り方に感じます。

でも買っちゃった者負けなんですよね…。

実際欲しかったですし。
レギュラー品から変えようがなかったのならホイールをトミカプレミアムくらいのレベルにして欲しかったですね。そうしたら納得しましたのに。

ボンネットのマットブラックは質感がイイ…のですがトミカにしては珍しくポツポツと塗れていないところが…。

サイドのグラフィックスがワイルドスピードの証…ってバイナルってほどのデザインではないですし…。

そもそもカスタムカー好きのハンのGRスープラがノーマルって…。

上の画像は以前ご紹介のHKSのGRスープラですが、ワイルドスピード劇中車ならこれくらいやっていただかないと!
これがドリームトミカで出たなら絶対欲しい。

調子に乗ってカーサンが画像加工でHKS GRスープラがワイルドスピード劇中車になったら…というイメージ画像を作ってみました。

やはりワイルドスピード劇中車はカスタムカーじゃないと!ね。

そうなるとトミカへの愚痴…というよりワイルドスピードへの愚痴になってますね。

ワールドワイドなワイルドスピードなのに予算がなかった?
HKSならワイルドスピードで使うと言えば車両提供してくれそうですが…。

あ!時期的に間に合っていないですかね。撮影に。
カスタムする時間がなかった…のでノーマルGRスープラ…。ナルホド。それなら納得です。

話が脱線しましたのでトミカへ戻しましょう。
レギュラー版トミカのカラバリですからヘッドライトはクリアパーツ無し。
テールランプも塗りで再現されたいつものトミカ。

そんなワケで見て参りましたトミカのワイルドスピードA90型GRスープラ。
たしかにカッコイイんですけどね…。色のみ違うだけで、この価格…ヤマダ電機で700円。新金型のA80が560円。
価格が…コストが…。ねぇ。



 

 

 

▼関連記事はコチラ
2018年の七夕はトイザらス限定のホットウィールのR33スカイラインGT-Rからマジョレットの第2弾ユーロホットカーズセレクションまでゲット!
 
フルレストアされる前のNISMO GT-R LM(1995)を東京オートサロン2004で撮影していた貴重な1枚
 
ホットウィールの日産スカイラインR30はガンメタ/ブラックの2ndカラー 【 Hotwheels '82 NISSAN SKYLINE R30 】
 
ホットウィールの日産ケンメリ・スカイライン2000GT-Rはレア?なミスプリントで残念【 Hotwhels NISSAN SKYALINE 2000 GT-R 】
 
こんな小さいガチャで!京商kyosho1/100ダイキャストミニカーVol1スカイラインヒストリーBNR32 GT-R

にほんブログ村

-トミカ, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.