車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)


ホットウィール ホンダ ミニカー

ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグのトミカプレミアム発売記念仕様

投稿日:

オジサン世代には懐かしいホンダ・シティ ターボⅡ”ブルドッグ”がトミカプレミアムに。ご紹介するのは発売記念仕様です。

今頃?ですが、実は撮影はしてあって記事を書く余裕がなく今頃になった次第。

そんな遅れてご紹介のホンダ・シティ ターボⅡ”ブルドッグ”のトミカプレミアム発売記念仕様。

さすがに最近では実車を街で見かけることはなくなりましたが、昔は良く見かけたものです。

フラッグシップカラーはクオーツ・シルバーメタリックでしたが、街でよく見かけたのは、グリーク・ホワイトでしたね。

そんなこともあって、ゲットしたのは馴染みのあるグリーク・ホワイトの発売記念仕様のほうでした。

当時はブリスターフェンダー全盛の頃で、ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグにもブリスターフェンダーが装着され、一気にカッコよくなった思い出があります。

カーサンはやはりワンメイクレース車両のイメージは強く残っていてホンダ・シティ ターボⅡブルドッグのプラモを作った記憶が残っています。

ホンダ・シティ ターボⅡ”ブルドッグ”のトミカプレミアム発売記念仕様はグリークホワイトを再現

さて、実車からトミカプレミアムのホンダ・シティ ターボⅡブルドッグの方へ話を戻しましょう。

通常トミカよりもお高いトミカプレミアムということもあって、悪い印象はありません。

出来はトミカですし、3Dスキャンでしょうから悪いはずがありません。惜しいのはテールランプ。

モールドで立体的にしたのでタンポでは塗れない部分があってホットウィールっぽい感じに。プレミアム感を落としています。

ミニカーでは迫力不足?ホンダ・シティ ターボⅡ”ブルドッグ”のトミカプレミアム発売記念仕様

ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグの実車を目にするとブリスターフェンダーの迫力を感じましたが、トミカではスケールが小さいのでそこまでの迫力は感じませんね。

因みにホンダ・シティ ターボⅡのブリスターフェンダーの呼称はダイナミック・フェンダーだったようで…時代を感じますね。

因みにフロントバンパーもスポイラー形状が大きくなってエアロ・フロントスカートなどと呼ばれていたようです。

ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグはビッグパワーバルジ

ダイナミック・フェンダー(ブリスターフェンダー)のほかにホンダ・シティ ターボⅡブルドッグをプッシュする装備がボンネットのパワーバルジ。こちらもホンダの呼称はビッグ・パワーバルジ。

ビッグとしたのには理由があって、ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグの前、ブリスターフェンダーが付いていないホンダ・シティ ターボがありまして、ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグが発売される1年ほど前に発売されたモデル。

ホンダ・シティ ターボ「Ⅱ」としてあるのは、こちらのただのターボモデルがあったからで、最初に追加されたターボにもパワーバルジが付いていましたが、インタークーラーは装備されておらず、エアクリボックス部分だけがボンネットから出っ張る形となったので小さなパワーバルジでした。

後発のホンダ・シティ ターボⅡブルドッグではインタークーラーがやはりボンネットに出っ張る形となったのでシティ ターボより、大きなパワーバルジになったためビッグ・パワーバルジと名付けられたようです。

ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグのリアフェンダーの穴はエアアウトレット?!

リアフェンダーブラックアウトされた部分はリアブレーキを冷やすエア・インテークかと思いきやエアアウトレットだそう。

何のエア抜きなのか?室内?
ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグのカタログによれば大型ドア開閉時のクオリティ…などとありますから大きなドアが閉まりやすいように室内のエア抜きをする目的かと思われます。

専用13インチ、アルミホイールは注文装備でオプション扱い。トミカプレミアムのホンダ・シティ ターボⅡブルドッグでは装着された状態が再現されています。

ヘッドライトはクリアパーツながらもテールは印刷だったトミカプレミアムのホンダ・シティ ターボⅡブルドッグ

トミカプレミアムのホンダ・シティ ターボⅡブルドッグのヘッドライトはクリアパーツで左右1つずつ独立したクリアパーツがはめ込まれています。

実車と比べるとやや小さく見えるヘッドライトですがベゼルのブラックが塗られていないので小さく見えているのかもしれません。

テールランプがクリアパーツでないのがプレミアム感を損なっています。タンポ印刷でやるならレンズ部分は平坦にした方が粗が見えずによかったのでは?

トミカプレミアム、ホンダ・シティ ターボⅡブルドッグのシャシー裏。
スペースが小さくターボ車らしくない急角度に曲がるエキゾーストパイプが見られます。

室内にはホットウィールのホンダ・シティ ターボⅡとは違い、モトコンポは載っていませんでした。

残念。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのトミカの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, ホンダ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.