車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ニッサン リバティーウォーク 東京オートサロン

リバティーウォークLB-シルエットワークスGTの35GT-RRはドライカーボンのR35【東京オートサロン2020】

投稿日:2020年1月16日 更新日:

LB★Silhouette WORKS GT 35GT-RR

リバティーウォークLB-シルエットワークスGTの35GT-RRです。
去年発表されたLB-シルエットワークスGTのエアロをドライカーボン素材で纏った日産R35-GT-R。

これまでのビス留めワイドフェンダーから空力を重視したフェンダーデザインとなったLB★Silhouette WORKS GT。

リバティーウォークのキットではルーフやドアはカーボン製ではありませんが、展示車両はご覧の通り、ルーフもドアもドライカーボン製で仕上げられています。

フロントバンパー開口部から大型のインタークーラーが覗くエンジンは、HKSのターボキット、GT1000+ を組み込んだ1000psオーバー仕様。

フロントノーズはノーマルR35GT-RのMY17から70mm前方に延長されてロングノーズ化されています。

 そこから更にフロントディフューザーが前方に張り出す攻撃的なフロント部分はLB-シルエットワークスGTの35GT-RRの特徴となっています。

ワイドフェンダーはF/60mm、リヤ/90mm拡大されてスーパーGTマシンのようです。

リアウィングはGTウィングではなく、左右からステーが立ち上がり、中央に1本脚を追加する3本脚仕様のVer.2が採用されていました。

ホイールは、LD97 Forged × Libertywalkということで、左側前後2本はLD97 Forged LD10の別注モデルを履いているようです。

右側はまた違うモデルで5本スポークモデルですが、写真がちゃんと撮れておらずモデルまでは不明。

リバティーウォークのサイトを見るとシルエットワークスGTの35GT-RRのキットはカーボン製で600万円ほどの金額なのでフルドライカーボンともなれば、更に金額は上がり…エンジンチューンまで含めたらすごい価格に。

このリバティーウォークのシルエットワークスGT、35GT-RRを報じたビジネスニュースによれば価格は3000万円!とのこと。

まさにレーシングカー。公道を走るレーシングカーに相応しい価格といえますね。

 

 

▼関連記事はコチラ
無理しないで行く東京オートサロン2020

東京オートサロン2020でMINI-GTの新製品! LB-Silhouette WORKS GTが展示

明日から東京オートサロン2020!

リバティーウォークの新シリーズ、シルエットWORKS GTを装着したフェラーリ458イタリア【LB-Silhouette WORKS 458 GT】

LB★WORKSのR35 GT-R Type.2ADVANカラーはカムイ・プロデュースのラッピング

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ニッサン, リバティーウォーク, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.