車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

レース車両 東京オートサロン

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両は市松模様カーボンのレーシングカー

投稿日:

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両

LEXUS_LC500_01
今年からスーパーGTに参戦するLEXUS LC500去年初公開されたときと同じカーボン剥きだしのLC500が東京オートサロンのTOYOTA GAZOO Racingのブースに展示されていました。

日本のスーパーGTとドイツのDTM、そして北米のIMSAの規定を統一することへ向けての改変。
直列4気筒ターボエンジンを搭載します。

規定が統一されることでコスト削減とワールドファイナルを行うことが可能となりワールドワイドな展開が期待されます。

と言うわけでRC FからLC500へスイッチしたレクサス。
すでにホワイトに塗られたスタジオショットが公開されていますが、東京オートサロンではカーボン地のままが見られました。
ではレクサス LC500 GT500仕様を詳しく見てみましょう。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 前

LEXUS_LC500_02
チェック柄というか市松模様?が目立つカーボン。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 後

LEXUS_LC500_03
デカいリアウィングは変わらず。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 左前

LEXUS_LC500_04
なかなかカッコイイ。リアフェンダーのラインが特にいい感じです。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 左後

LEXUS_LC500_05
リアビューもカッコイイ。もともと複雑な面構成ですが、さらに複雑になってます。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 後

LEXUS_LC500_06
スワンネックも健在。リアウィングの取り付けベースはちょっととってつけたような感じでイマイチ。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 左横

LEXUS_LC500_07
サイドステップゴテゴテしてますね。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 後

LEXUS_LC500_08
ハッキリ分かるチェック柄。カーボンの中でも特殊なヤツっぽいですね。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 右後

LEXUS_LC500_09
LC500の特徴的な高過ぎないリアデッキもこの角度から感じますね。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 右後

LEXUS_LC500_10
プリウスに通ずるものがあるリアビュー。リアフェンダー複雑な組み合わせなのが分かります。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 マフラー

LEXUS_LC500_11
マフラーが右サイド出し。これはRC Fと変わらず。大丈夫?

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 前

LEXUS_LC500_12
顔つきはレクサス顔です。フロントリップは大分小さくなりました。カナードも丸みを帯びた形状に。

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両 左横

LEXUS_LC500_13
ノーマルLC500もリアフェンダーの張り出しが目立ちますが、さらにフェンダーが追加されています。

ずっと気になっていたのがチェック柄のカーボン。
カーボン柄は大抵、「平織り」 「綾織り」 のどちらかで、このようなチヘック柄は珍しい。
平織りは繊維が格子状に織り合わさったパターンで、綾織りはよく見る斜めにラインが入るようなパターン。
そのどちらでもないチェック柄…大き目の市松模様です。

これはどんなカーボンなのだろうと調べてみると、どうやらTeXtreamカーボンというものが近い。
恐らくこのカーボンが使われているのではないかと思います。

繊維ではなく、シート状のカーボンを編みこむことで作り出すようです。
軽量化と強度の両面を満たす新しいカーボン素材。
カーボンもどんどん進化していますね。

▼ベース車両のレクサスLC500の記事はコチラ


にほんブログ村

-レース車両, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.