車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

BMW専門チューナー3DDesignのF87 M2 Competition

投稿日:

3DDesign M2 Competition


BMW専門のチューナー3DDesignのF87 M2 Competition。
カスタムカーとはいえ、上品な仕上がりをみせる3DDesignのF87 M2 Competitionはド派手なカスタムカーの目立つ東京オートサロンでも目に留まりました。

3DDesignのオリジナルエアロを纏ったBMW F87 M2 Competition。


フロントリップスポイラーセット(カナード付き)、サイドスカート、リアディフューザータイプ2、テールエンドフィニッシャー、ボディストライプ
ホイール: TYPE-3 FORGED 19インチ
タイヤ:ContiSportContact3 F:245/35R19 R:265-35R19

アナウンスにはありませんが、ボンネットには多数のルーバーが並ぶものに代わっています。



ダックテール形状のリアスポイラーは、テールエンドフィニッシャーと呼ばれています。
この辺も上品な感じでイイですね。

ドライカーボン製の本物志向のレーシングウィングの用意もあります。
さらにエクステンション ステーを用いると、約10cm高くなり、さらなるダウンフォースを得ることが出来るそうです。
こちらはサーキットオンリーの競技用。

目が行くのは、アンダースポイラーを巡るレッドのストライプ。
最近の流行りを取り入れています。

ノーマル410馬力に50のせて460馬力となる3DDesign M2 Competition。
足回りには3DDesignオリジナルBMW専用車高調正式サスペンションシステムが採用されています。

前後とも20段階の減衰力調整式で調整はダイヤル式。
ジャッキアップなしでも手軽に調整可能だといいます。

昔カーサンも減衰力調整式のダンパーを入れていましたが、それは4段階。
5倍もの調整幅をもっています。

ジャッキアップなしで調整可能なのもいいところですね。


BMWらしい上品な仕上がりの3DDesignのF87 M2 Competition。
お金があったら欲しい1台です。








<PR>






▼関連記事はコチラ




BMW M2の実車とホットウィールミニカーを比べてみた!意外な事実が…




ホットウィールの2016 BMW M2はラインナップにないレッドのカラーバリエーション




ホットウィールの新車、2016 BMW M2はフラッグシップカラーのロングビーチ・ブルー 【 Hotwheels 2016 BMW M2 】




リバティーウォーク×Y'z ONEのBMW i8はオーバーフェンダー有りが展示【LB-WORKS × Y’z one BMW i8 No.001】東京オートサロン2019

次期モデルBMW コンセプトZ4はトヨタ・スープラとプラットフォームを共有?【 Tokyo Motor Show2017 】







にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.