車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ニッサン ホットウィール ミニカー

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

投稿日:2020年5月11日 更新日:

Hotwheels NISSAN Skyline GT-R(BCNR33)

ワイルドスピードのホットウィール日産スカイラインGT-R(BCNR33)です。
ドンキで大量入荷していた過去のホットウィールの中から買い逃したものをゲットしてきました。

最初のワイルドスピードでレオンが乗っていたビッグバードと呼ばれるR33GT-Rをモデルにしたカラーリングです。

一部ステッカーに変更がありますが、劇中車を良く再現しています。
パールの入ったイエローメタリックでやや塗装が薄い箇所があるのは残念なところ。

ワイルドスピードの劇中車同様リップスポイラーをイエローにしたため、同一成形の砲弾型マフラーもイエローになってしまっています。
ここがメッキだったら、かなり見た目良かったのに…まぁ仕方のない所。

ボンネットのグラフィックスは無し。
フロント、リア、サイドが印刷されていて華やかなのでボンネットのグラフィックスがないのは寂しい。

ワイルドスピードのレオンのR33GT-RのホイールはBBSっぽいのメッシュ。
劇中ではBBSかどうか見えませんがメッシュタイプのホイールですが、ホットウィールでは違うホイールが入っています。

しかしメッキのリム深ホイールなので雰囲気はかなりイイ。

R33もちょっと間違うとR33に見えなくなる車種の1つ。
形状はR33GT-Rを良く捉えていますが、ヘッドライトの印刷がカラーのせいもあってS14シルビアにも見えてしまう瞬間が…。

またワイルドスピードのレオンのR33GT-RではN1ダクトのないバンパーでしたがホットウィールでは印刷素材の関係でN1ダクトがあるバージョンになっていますね。

シャシー裏を見て思ったのですが、フロントリップ側をイエローに吹き付けで塗ってマフラーのほうは金属地のままにしたらマフラーは金属的な色になってヨカッタのでは?

…いや機械吹付なら無理か…塗料の中をくぐらして着色していたら絶対不可能ですし。

あ、ヤスリ掛けしちゃえば金属っぽくなるかも。
カーサンは腕がないので無理ですね…。

なんでもワイルドスピードのレオンの日産スカイラインBCNR35 GT-Rは実車は処分され現存していないということで残念。

もっとも劇中車全部保存していたらミュージアム規模の施設が必要ですね。
でもこれだけ世界レベルでヒットしたならミュージアム建ててのよいのでは?
って思っちゃいますね。

 

 

 

 

▼関連記事はコチラ 2018年の七夕はトイザらス限定のホットウィールのR33スカイラインGT-Rからマジョレットの第2弾ユーロホットカーズセレクションまでゲット!
 
フルレストアされる前のNISMO GT-R LM(1995)を東京オートサロン2004で撮影していた貴重な1枚
 
ホットウィールの日産スカイラインR30はガンメタ/ブラックの2ndカラー 【 Hotwheels '82 NISSAN SKYLINE R30 】
 
ホットウィールの日産ケンメリ・スカイライン2000GT-Rはレア?なミスプリントで残念【 Hotwhels NISSAN SKYALINE 2000 GT-R 】
 
こんな小さいガチャで!京商kyosho1/100ダイキャストミニカーVol1スカイラインヒストリーBNR32 GT-R

にほんブログ村

-ニッサン, ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.