車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

インポートカー 東京オートサロン

Mercedes AMG GT S【画像資料】東京オートサロン2016展示車両

投稿日:

Mercedes AMG GT S Front view
Mercedes-AMG_GT_S_01

Mercedes AMG GT S Rear view
Mercedes-AMG_GT_S_02

去年設立されたメルセデスAMGの第一弾、Mercedes AMG GTです。

エンジンはドライサンプ化された3982ccV8直噴エンジン。ターボチャージャーを2基掛けで過給します。
ロングノーズショートデッキのボディーから分かるように、フロントミッドにエンジンを搭載。結果47:53の前後重量配分となっています。

ミッションはセミオートマで電子制御7速AT。

車両重量は1670kg。その車体を375kw(510ps)/6250rpm のパワーで加速させます。

メーカー希望小売価格 1840万円のスーパースポーツカーです。

ではメルセデスAMG GT Sをぐるっと見てみましょう。


Mercedes AMG GT S Front view
Mercedes-AMG_GT_S_03

ロングノーズ、ショートデッキなのがわかりますね。それでもSLS AMGよりボンネット短くなってるらしいです。

Mercedes AMG GT S Rear view
Mercedes-AMG_GT_S_05
テールエンドがメルセデスっぽくないAMG GT S。イカツさがないですね。写真で見るとポルシェっぽく感じましたが、実際に見ると別物でしたね。

Mercedes AMG GT S Rear view zoom up
Mercedes-AMG_GT_S_04
トランクの後の切れ込みからすると自動でリアスポが立ち上がるのではないでしょうか。

Mercedes AMG GT S Front view zoom up
Mercedes-AMG_GT_S_06
意外と複雑な造形のフロント周り。へッドライト回りも単純なユニット構成ではない様子。

F1のペースカーにもなっているMercedes AMG GT S。
速そうですね。

商談もかねているようで、展示されているこのAMG GT Sにも身なりの良い方々がシートに身を投じていました。
カーサンにはとても買えませんね。
ミニカーでガマンってトコです。


にほんブログ村

-インポートカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.