車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

ブリッツのS660のサーキットコンセプトカー【BLITZ S660 specC】東京オートサロン2016

投稿日:

BLITZ S660 specC Front view
BLITZ_S660_specC_01

BLITZ S660 specC Rear view
BLITZ_S660_specC_02

人気のホンダS660。それをBLITZがカスタマイズしたのがBLITZ S660 specC。
サーキットコンセプトということでサーキット走行を強く意識した車両です。

これまた諸元表を見てこなかったので詳しくは不明。BLITZのホームページにも詳しいことが出ていませんが、基本的なところは押さえてありそうです。

注目はエアロパーツ。
ハイチューンのエンジンを冷やすのにミッドシップでエンジンルームの狭いS660は特に気を遣います。
冷却性能が一つのポイントになります。
ノーマルでも床下にナサ(NACA)ダクトをつけたり工夫をしているS660。エンジンチューンで熱量も上がった上にサーキット走行前提では冷却性能に目が行きますね。

その辺に注目しながらBLITZ S660 specCをぐるっと見てみましょう。


BLITZ S660 specC Front view
BLITZ_S660_specC_03
ツートンカラーが目立つブリッツのS660。

BLITZ S660 specC Front view bonnet zoom up
BLITZ_S660_specC_04
つやつやしたリップとフェンダー部分が強調されたボンネットが特徴。

BLITZ S660 specC Front view Wing zoom up
BLITZ_S660_specC_05
リヤウィングはサーキット走行には必須ですね。

BLITZ S660 specC Front view Fender zoom up
BLITZ_S660_specC_06
ボンネット側が絞り込んであるためかノーマルより高く見えるボンネットのフェンダー部分。

BLITZ S660 specC Side view zoom up
BLITZ_S660_specC_07
注目の冷却性能がここのエンジンフードへ導くダクト。左右に付けられ、それぞれ、インタークーラーの冷却とタービンや排気系の冷却を行うと思われます。
こういう細かい冷却がチューニングカーには効いて来ます。

サーキット走行など数々のノウハウがあるからこそのエアロパーツ。
さすがブリッツですね。

<

ホンダS660に関する他の記事



にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.