車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

未分類

以前ご紹介のホットウィールのカスタム240Zもワイルドスピードのサン・カンプロデュースのFuguZがモデルだった!

投稿日:2018年5月15日 更新日:

ホットウィールのCUSTOM DATSUN 240Zもサン・カンのFugu Zをモデルにしていた。

hotwheels_Sung_Kang_CUSTOM_240Z_MAVERICK_01
前回ご紹介のカスタム フォード マーベリックがワイルドスピードのハン役のサン・カンがプロデュースの実在の愛車がモデルでしたが、もっと前にご紹介していたカスタム・ダットサン240Zもサン・カンがプロデュースしたFugu Zがモデルだったことに今、気が付きました。
何を今更…と思われる方も多いと思いますが、カスタム・フォード・マーベリックと雰囲気があまりに似ていたので調べてみると…分かった次第。

思えばホットウィールのカスタム240Zのパッケージにヒントがありました。
台紙に筆記体のサインが入っていたのです。
それは、今回のカスタム・マーベリックにも入っていて、「SunG KanG」と読めます。
(冒頭のパッケージ写真参照。値札が付いたママなのは剥がそうとしたら台紙ごと剥がれたため。ちょっと見え辛いですがサインが書かれているのがわかります。)

調べてみますと、やはり、ホットウィールの新金型のCUSTOM DATSUN 240Zもサン・カンのFugu Zがモデルとなりホットウィールになったものだと分かりました。

サン・カンの愛車でSEMAショーにも出展されたFugu Z。
グレッディ(トラスト)のサポートでチューニングが行われたようですね。
驚くべきはエンジンがL28改の定番チューンではなく、RB26スワップであること。
しかもターボを外しNA仕様としています。

内部的にどのようなメニューが施されたか分かりませんが、恐らく圧縮比は上げる施策が施されていると思います。
ステンレスタコ足に6本のカールファンネルが見えることことから6連スロットルのキャブ仕様が想定されます。
本当かどうか分かりませんが1万回転まで回るといわれていますよ。
すごいですね。

外観はマーベリック同様、ロケットバニーエアロが装着されてお馴染みのビス留めワークスフェンダー仕様です。
リアスポイラーはダックテール形状、リアバンパーはオミットされて、その構造はホットウィールでも再現されています。

ちょっとカスタム・フォード・マーベリックU3とカスタム・ダットサン240Zと並べて比較してみましょう。

ホットウィールのサン・カンの実車がモデルの2台を比較。

hotwheels_Sung_Kang_CUSTOM_240Z_MAVERICK_02
同じ方向性でカスタムされたダットサン240Z・FUGU Zとフォード・マーベリックU3。

hotwheels_Sung_Kang_CUSTOM_240Z_MAVERICK_03
やはりロケットバニーエアロがホワイトボディに映えますね。

油断すると実車がモデルだったりするホットウィール。
油断してご紹介した記事を書いた時点では、ワイルドスピードのサン・カンのFuguZだとは思っていませんでした。

ホットウィールで日本車の実車、それもフェアレディZのS30型を手に入れたことで浮かれていたのかもしれませんね。
下調べは抜かりなく。ですね。

▼関連記事はコチラ


にほんブログ村

-未分類

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.