車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

レース車両 東京オートサロン

プリンスR380の東京オートサロン2016展示車両【画像資料】PRINCE R380

投稿日:

プリンス・R380 前

プリンスR380_01

プリンス・R380 後

プリンスR380_02

日産…といいたくなってしまうところですが、プリンスR380。
日産とプリンスが合併したことでニッサンR380となったようです。

何しろ、カーサンも生まれる前の時代の話。
R380よりR390の時代のほうが馴染みがあります。

1966年の第3回日本グランプリの優勝車両のようです。
今見ても速そうなボディーラインです。

そんな速そうなプリンスR380をもう少し見てみましょう。

プリンス・R380 後

プリンスR380_03
ボディーはFRP製、シャシーはパイプフレームで組まれています。
今も変わらぬSTPオイルのステッカー。

プリンス・R380 後

プリンスR380_04
 2リッター直6 DOHC プリンスGR8エンジンは197馬力。
デュアル・エキゾーストがやや下向きに出されています。
元のスカイラインGTに搭載のGR7をボアアップし、ショートストローク化で高回転まで回るように変更されています。

2013年にNISMOがフルレストアしているとのことで、動態保存されているってことですね。

R380の走行シーンもYouTubeにアップされてました。
高回転までは回されていませんが、レーシーなエンジンを聴く事が出来ます。

R380-AIの走行確認テスト

東京オートサロンバナー
他のオートサロン展示車両の記事を見る


にほんブログ村

-レース車両, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.