車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

コンセプト・カー 東京オートサロン

ブリヂストン・レクサスLFA【 画像資料】BRIDGESTONE LEXUS LFA東京オートサロン2016ブリヂストンブース展示車両

投稿日:

ブリヂストン・レクサスLFA 前

BRIDGESTONE_LEXUS_LFA_01

ブリヂストン・レクサスLFA 後

BRIDGESTONE_LEXUS_LFA_02
ブリヂストンブースに展示されたレクサスLFA
ポテンザS001を標準タイヤとしているレクサスLFAですからプローモーション的にはバッチリ。
500台が生産され、すでに販売は終了しているレクサスLFAですが、人気は健在です。

ニュルブルクリンク24時間に毎年出場しているので、まだまだ現役のイメージがありますね。
ディスプレイはタイヤメーカーらしく、展示台にタイヤのトレッドパターンを残すなど工夫が見られます。
車に装着されているとトレッドパターンは見え辛いですが、この展示ならトレッドパターンもちゃんと見ることが出来ます。

それではブリヂストン・ブースに展示されたレクサス・LFAをもう少し見てましょう。

ブリヂストン・レクサスLFA 前

BRIDGESTONE_LEXUS_LFA_03
今見ると、現在のトヨタ系のデザインの片鱗が見えますね。

ブリヂストン・レクサスLFA 前

BRIDGESTONE_LEXUS_LFA_04
ヘッドライトはプリウスにも新型86にも通ずるイメージ。

ブリヂストン・レクサスLFA 後

BRIDGESTONE_LEXUS_LFA_05
テールランプ直下にルーバーが設置されるのは斬新でしたね。
当時はおお!と思いましたが、今見ると大人しく見えてしまいます。
センター3本出しマフラーも逆三角形配置で目立ってましたがディフューザー形状とのスペースの鬩ぎあいでとられた策なのかなぁと実車を見て思いました。
多分にデザイン的要素が強いとは思いますが。

というわけで、ニュルブルクリンクとかかわりの深いレクサスLFAのニュルアタック動画もご覧下さい。

Lexus LFA 7:14:64 Lap time at Nurburgring Nordschleife 2011


動画でも手に汗握る走りですね。
ここを24時間攻め続けるって凄過ぎます。

おっと、同じレクサス・インターナショナルの動画にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの動画が上がってました。
こちらもお楽しみ下さい。

Lexus F Models – Power and passion at the Goodwood Festival of Speed

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードはイギリスでマーチ卿が私有地を開放して行われるレーシングイベント。
敷地にサーキットがあるってすごいですね。

昔カーグラフィックTVで見てすごいイベントだな~と思っていました。
今はYouTubeで見られる。いい時代ですね。

ちゃんとレクサス・LFAも出走してまして、V10のF1サウンドを轟かせています。
いい音してますよ。


にほんブログ村

-コンセプト・カー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.