車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

BMW トミカ ミニカー

BMW Z4のトミカ初回特別仕様

投稿日:

TOMICA BMW Z4

BMW Z4のトミカ、初回特別仕様です。
ボディがホワイトな以外は通常版と違いのないトミカのBMW Z4。

ヘッドライトも往年のトミカ同様のシルバー塗り。
あまり力の入っていないミニカーという感がみえますね。

とはいえ、金型の出来は良く実車でよく評される彫刻のような凹凸をトミカでも再現されています。

車高は低く、ルーフも低い。
ルーフに関してはホットウィールか?と思いましたが、実車も同様ルーフ低いんですよね。

ソフトトップは脱着可能なトミカのBMW Z4

ソフトトップが脱着可能なトミカのBMW Z4。

リアウィンドウが開いているのは脱着するのに指が掛けやすいようにでしょうね。
あとは誤飲したときに穴が開いていれば気道は確保できる…といったところでしょうか。

ソフトトップが脱着できるのでコックピットもかなり再現していますね。

ボディカラーはアルピン・ホワイトIII を模したと思われ、通常版のサンフランシスコ・レッド より面の凹凸が分かりやすいです。

BMW伝統の直列6気筒を搭載するモデルがあることからロングノーズなのがサイドビューから見て取れます。

ヘッドライトは往年のシルバーで再現されたトミカのBMW Z4

ここのところトミカもヘッドライトがクリアパーツが採用されるようになり、進化を見せていましたが、BMW Z4はクリアパーツではなくトミカ往年のシルバー塗り仕上げ。

先月のマクラーレン・スピードテールは細目すぎるので仕方がありませんが、このBMW Z4はクリアパーツに出来るでしょう。

トミカもモデルによって力の入れ方が違うように感じますね。

トヨタGRスープラとプラットフォームを共有するBMW Z4

トヨタGRスープラとプラットフォームを共有しているということでシャシー裏を見るとご覧の通り。
上がBMW Z4で下がトヨタGRスープラです。
メンバーやエキパイの取り回しが同じですね。

さて見て参りましたトミカのBMW Z4の初回特別仕様。
ヘッドライトがクリアパーツではなかったのが残念でしたが、彫刻のような凹凸のボディはかなりの再現度で良かったです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トミカ No.74 BMW Z4(初回特別仕様) 2020年1月18日発売
価格:386円(税込、送料別) (2020/1/18時点)


 

▼関連記事はコチラ
ディゼマジャパンのラーテルはBMW Z4ベースでこのまま市販されてるコンプリートカー【 DESIMA JAPAN RATEL 】東京オートサロン2018展示

リファストレーンBMW Z4 GT3【FAST LANE BMW Z4 GT3】1/32をトイザらスで20%オフでゲット

BMW Z4 M【Hotwheels BMW Z4 M】ホットウィール・ミニカー・レーシング仕様

エンドレス・アドバンBMW Z4スーパー耐久2015年チャンピオンマシン【画像資料】ENDLESS ADVAN BMW Z4東京オートサロン2016展示車両

トミカの新車、マクラーレン Speedtail初回特別仕様はトイザらスで買えた?マジョレットはビンテージコレクション2も!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-BMW, トミカ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.