車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トヨタ ホットウィール ミニカー

KAIDO HOUSEのロゴ!ホットウィール'70トヨタ・セリカ

投稿日:

ホットウィールの'70トヨタ・セリカです。
ライムグリーンメタリックのカラーリングにゴールドメッキホイール。

レトロなカラーでダルマセリカによく似合っています。
実車のオリオンターコイズメタリックをブリーン側に寄せたカラーが秀逸。
ひと目で欲しくなった次第です。

ワークスタイプのオーバーフェンダー、リップスポイラーにレーシングジャケットと呼ばれたライトカバーがレーシー。
レーシングジャケットはクリアパーツで、恐らくウィンドウのクリアパーツと同成形でややスモークがかっています。

そして助手席側にサイド管。
マフラーがサイド出しなのもレーシーです。
デフケースがしっかり見えるっていうのもイイ。

そして注目はボンネットのKAIDO HOUSEのロゴ。

このホットウィールのデザイナーでもあったJUN IMAI氏のKAIDO HOUSEのロゴは入っているというのは、注目点ですね。

サイドストライプも当時のデザインのアレンジ。リアフェンダーの位置合わせにスレが見えますが、このストライプもネオレトロなイメージでイイ。

実車のレーシングジャケットにクリアなものがあるというのを今回初めて知りました。
記事を書く時にはある程度、手持ちの資料やネットで確認するのですが、まさにミニカーから実車を知る。っていう…。

テールランプはクリアパーツではありませんが、インテリアのプラパーツと同一成形でボディとシャシー側で挟み込むようにして再現。
設計の妙を見ることができます。

インテリアも凝っています。細かな再現がされています。
ステアリングボスが長いように見えますが…社外ボスで延長されている?

ホットウィール'70トヨタ・セリカのシャシー裏です。
直線的にエンジンルームから延びたエキゾーストがカクッと曲がってサイド出し。
そんなことがシャシー裏から見えるのが楽しい。


 

ホットウィールの'70トヨタ・セリカを見て参りましたがいかがでしたか?
何といってもカラーリング。そしてデザイナーであるJUN IMAI氏のKAIDO HOUSEのロゴが入っている。

そんなことからも手に入れておきたい1台ですね。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-トヨタ, ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.