車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

INNO(イノモデル) チューニングカー ニッサン ミニカー

S13シルビアロケットバニーV1とV2の比較レビュー【INNO64】

投稿日:

前回ご紹介のイノモデルのS13シルビアロケットバニーV2。
せっかくですから、以前手に入れていたS13シルビアロケットバニーV1との違いを見比べてみました!

ベースは日産シルビアのS13型。
V1、V2ともにプロジェクターヘッドランプではなく角目4灯式です。

そこに定番ロケットバニーエアロが組み込まれています。
このオーバーフェンダーの違いがV1、V2との大きな違い。

イノモデルの1/64スケールミニカーでも、V1とV2の違いを見ることができます(上のベイビーブルーがV1、下のイエローがV2です)。

オーバーフェンダーが大きく張り出さない、ロケットバニーV1に対して、V2はしっかり張り出したオーバーフェンダーが装着。

1/64サイズであっても、その違いは大きいです。

ロケットバニーV1のフロントフェンダーはV2と違いビス留めではない。

同じロケットバニーですが、フロントフェンダーに関してはV2が定番のビス留めワイドフェンダーであるのに対しV1はフェンダー交換タイプ。

外観でビスが見えることがありません。
V2はロケットバニーといえば、コレ!って感じのデザインですね。

これは、V1がロケットバニーブランド以前の6666カスタムズ時代の名残を残しているためと思われます。

リアフェンダーはV1、V2共にビス留めながら…

リアフェンダーはV1、V2ともにビス留めワイドフェンダーながら大きな違いがあります。

V2がロケットバニー定番のネオワークスフェンダーデザインなのに対し、V1はノーマルフェンダー全体を覆うように被せてビスで止めるデザイン。

ですから一瞬オーバーフェンダーに見えないくらい派手さを抑えたオーバーフェンダーなのです。

またINNO64のミニカーに関してはホイールの違いにも注目。
V1がTE37タイプなのに対し、V2は6666wheelsブランドのオリジナルデザインのホイールを履いています。

フロントはリップスポイラーの有無がV1とV2との違い

純正交換型のフロントバンパーのデザインは同じですが、ロケットバニーV2ではリップスポイラーがビス留めされます。

イノモデルのミニカーではビス留めはモールドではないのが残念ですが、印刷で再現されています。

ヘッドライトがクリアパーツなのはデフォルトですが、小さなウィンカーもクリアパーツで埋め込まれている点に注目。
1/64スケールで、このパーツを組み込むのは手間がかかっていますね。

リアはバンパーレスのS13シルビア・ロケットバニーV2

V1、V2共にダックテールスポイラーをビス留めしているロケットバニーエアロ。

すぐわかる違いがバンパーの有無。
V2はバンパーレスとし、リアアンダーにデュフューザーを設置しています。

イノモデルのミニカーではテールランプにも違いがあり、V1がノーマルレンズなのに対し、V2はカットの入っていないクリアレンズになっています。
芸が細かいですね。

ミニカーではマフラーがデュアル出しと1本出しの違いもあります。

同じロケットバニーの名を冠しながら大きな違いを見せるS13シルビア・ロケットバニーV1とV2。

ブランドの変遷を感じるにはもってこいのモデルでしたね。


▲こちらが実車のV2のエアロキットですが、この手のエアロにしてはリーズナブルですね。

ダックテールスポイラーも手ごろな価格です▼


実車のV1キットはカタログ落ちしているのかラインナップにありません。
一時的なのかもしてませんが…。

そんな意味でもミニカーで手に入って愛でることができるのは嬉しいですね。

 



 

▼S13ロケットバニーV1、V2の個別レビュー記事はコチラ
イノモデルのロケットバニー・日産シルビア【INNO64 NISSAN SILVIA S13"ROCKET BUNNY" V1】

イノモデルの1/64日産シルビアS13ロケットバニーV2【INNO64】

 

 

 

 

 この記事の関連記事はコチラ▼

INNO64の1/64日産スカイラインGT-R R32"パンデム"が初めてのイノモデル

当ブログのイノモデルの全記事

当ブログのPANDEM関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-INNO(イノモデル), チューニングカー, ニッサン, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.