エフトイズ 日本名車倶楽部Vol.7「ロータリーエンジンの継承」 マツダ・コスモスポーツ

日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_01
エフトイズの日本名車倶楽部Vol.7「ロータリーエンジンの継承」を再トライ。
ブルー狙いでしたが、ゲットしたのはご覧のとおり、レッドのコスモ・スポーツでした。

残念と思いながらも、細かいつくりにレッドもいいなぁと思ってしまいます。
イエローのコスモスポーツで開かなかったボンネットは、今回開きました!
今回は最初からボンネットの隙間が大きめで「これなら開けられそう!」と精密ドライバーでつついたら、開きましたよ!今回はエンジン内部を見ることが出来ました!


 
出来に関しては、以前のイエローのコスモスポーツの記事、「」をご覧頂くとしまして、今回はレッドのコスモスポーツのカラーリングと、やっと開いたコスモスポーツのエンジンルームを中心にご覧頂きましょう!


エフトイズのマツダ・コスモスポーツ(レッド)の外観

日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_02
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_03
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_04
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_05
出来がイイのはご覧のとおり。
ヘッドライトやウィンドウのメッキモールまでシルバーで塗られていて、驚きます。
ヘッドライトは複雑な形状をしているので下側のパーツの合いが悪くて隙間が開いているのは残念なところ。
それでも、ヘッドライトのクリアパーツのメッキモールやテールランプのクリアパーツは効果的。
細部までこだわりが見えます。

イエローのときの黒い粒粒はなかったレッドのマツダ・コスモスポーツですが…

日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_06
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_07
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_08
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_09
イエローのエフトイズのマツダ・・コスモスポーツはボディの塗装にホコリや黒い粒が塗りこまれていて、とても残念でしたが、レッドのコスモスポーツではホコリはともかく黒い粒は見当たりませんでしたね。

そのかわりボンネットの前側にクリアが剥げている箇所があって、一難さって、また一難といったところです。
上の画像でボンネットの隙間が大きいのが見えるかと思います。

イエローのコスモスポーツは塗装でくっついたのか、開かなかったボンネット。
念願のエンジンルームが見られそうです。

ここが今回の攻めどころ。
すきまにセイミツドライバーを突っ込んで開きました。
念願のボンネット内部のエンジンルーム。

エフトイズのマツダ・コスモスポーツのエンジンルーム

日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_13
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_14
明るいブルーのエアクリーナーがビンテージ感出してますね。
思ったよりたくさん機械がはいっていて、ちょっとオドロキ。
ロータリーは小さいのでスカスカなのかと思っていました。
RE雨宮のレストアしたコスモスポーツのエンジンもスカスカになっていたので、あんな感じかな?
と思っていましたら、ノーマルはけっこう機械が入っていました。

それはそうと、前ヒンジのボンネットの開き方はカッコイイですね。

フロントもリアもシャシー裏まで凝っているエフトイスのマツダ・コスモスポーツ

日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_10
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_11
日本名車倶楽部7_コスモスポーツ_レッド_F-toys_12
細かい拘りが尽きないエフトイズの日本名車倶楽部Vol.7「ロータリーエンジンの継承」のマツダ・コスモ・スポーツ。
あまりの細かさに工場側の粗が見えてしまうのも仕方がないのかもしれません。
そうそうシャシー裏のエキゾーストシステムをシルバーで塗るのも健在です。
エフトイズのこだわりですからね。抜かりなしです。


▼楽天で買えます。



▼楽天で箱買いできます。



<PR>




▼当ブログのF-toysミニカー紹介記事はコチラ
F-toys(エフトイズ)ミニカー



▼関連記事はコチラ














にほんブログ村