車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トミカ トヨタ ミニカー

トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様はdesigned by Toyota

投稿日:2020年6月25日 更新日:

先日トイザらスで手に入れたトヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyotaです。

トミカ50周年記念 企画で、大手自動車メーカー3社の実車デザイナーにトミカをデザインしてもらおうというのがトミカ50周年 自動車メーカーコラボプロジェクト。

第1弾はホンダのシビックタイプRでしたが、今回は第2弾トヨタのGRスープラです。

GRスープラのレーシングカーをトミカがスポンサードしたらというコンセプトでデザインされた トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota。

とはいえ、トミカのイメージカラーのレッドを全面に押し出さず、ブラックとホワイトをメインカラーとしたラッピングは大人向けな印象です。

翻ってデザイナーの水畑康彦氏は「お子様が遊ぶときに上から眺めることが多い」として上から見て映えるデザインを基本としたとし、子供目線でのデザインを強調されています。

トミカという子供向けブランドと大人にもアピールするデザイン要求を満たしたデザインと言える トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota。

子供目線に一番アピールするボンネットに「50th Anniversary」のロゴ、ルーフに「トミカ」のロゴが入っています。

とってつけたようにルーフにトミカと貼るのはちょっと違和感。
もうチョイ、デザイン的に組み込めたらよかったのに。

ボディ右側を上、左側を下にして配置されているトミカロゴの配置はNASCARのゼッケンのようですね。
ボンネットの 「50th Anniversary」のロゴ はNASCARのゼッケンをイメージとのことですから、トミカロゴの配置もNASCARにインスパイアされているのかもしれません。

ハニカムドットをグラーデーション配置したデザインは、トヨタではヘキサゴングラフィックと呼んでいるようで、GRのバンパーグリルとの統一感を持たせたらしいです。

ハニカム(ヘキサゴン)デザインは使い古されたデザインですが、やや潰しめにしてグラーデションのドット代わりにしたのは面白い。

トミカのHPで実車の画像を見ましたが、トミカでは気にならなかったパトカー感がすごい出てますね。

トミカではそんなにパトカーっぽさはないと思うのですが…ルーフにちらっと見えるトミカロゴのレッドがそう感じさせるのでしょうか。

似たような価格のドリームトミカのワイルドスピードFast&Furious/GRSupra F9 The Fast saga)GRスープラ と並べてみました。

トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyotaくらいタンポ印刷がされていれば価格も納得ですが、やはり比べると ドリームトミカのワイルドスピードFast&Furious/GRSupra F9 The Fast saga)GRスープラのコスパは悪いと感じます。

さてご覧いただきました トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota 。
先行のホンダ・シビックRとデザインコンセプトの違いが見えて面白いですね。
次の日産GT-Rは王道のデザイン。楽しみですね。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ 2018年の七夕はトイザらス限定のホットウィールのR33スカイラインGT-Rからマジョレットの第2弾ユーロホットカーズセレクションまでゲット!
 
フルレストアされる前のNISMO GT-R LM(1995)を東京オートサロン2004で撮影していた貴重な1枚
 
ホットウィールの日産スカイラインR30はガンメタ/ブラックの2ndカラー 【 Hotwheels '82 NISSAN SKYLINE R30 】
 
ホットウィールの日産ケンメリ・スカイライン2000GT-Rはレア?なミスプリントで残念【 Hotwhels NISSAN SKYALINE 2000 GT-R 】
 
こんな小さいガチャで!京商kyosho1/100ダイキャストミニカーVol1スカイラインヒストリーBNR32 GT-R

にほんブログ村

-トミカ, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.