車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

コンプリート・カー チューニングカー マツダ 東京オートサロン

ワイルドスピードに出てきそうなFD3S!RE雨宮 Greddy8

投稿日:

東京オートサロン1999でコンプリートカー部門優秀賞を受賞したRE雨宮 Greddy8です。

車種不明とはこのことで、当時を知る人は、前年のオートサロンでRE雨宮 AC987を見ているので、元がRX-7(FD3S)だと分かりますが、いきなり、このRE雨宮 Greddy8を見たら車種は分からないのではないでしょうか。

RE雨宮コーポカラーといえるブルー×ピンクの内、ピンクを纏ったカラーリングはワイルドスピードの劇中車で登場していそうです。

RE雨宮 Greddy8のフロントビュー。
何といっても993型ポルシェのヘッドライトを流用した、RE雨宮AC987ボディキットが車種不明にしています。

このボディキットは東京オートサロン1998でドレスアップ部門 優秀賞を受賞したRE雨宮AC987のエアロを市販したもので、ユーザーも自分のRX-7を車種不明にすることが出来ました。

テールエンドも特徴的で、やはりRE雨宮AC987ボディキット。

テールランプはC5コルベットのものを組み込んでいてリアビューも車種不明にしています。
驚くべきことにリアボディキットはまだ販売されていました▼


商品説明には全長が変わるため構造変更が必要とあります。

リアの注目はルーフを切り取ったことにより必要となったシート後方のスペシャルトノカバー。
このトノカバーが薄くしいリアビューを作り出しています。

このトノカバーのシート側、丁度ヘッドレストの後ろの位置にウファーのスピーカーが設置されています。
オープンにしたことと排気音が爆音の為、オーディオの音が聴こえづらいことでマウントされました。

その爆音を発するエンジンはフルバランス取りされた13Bロータリーにトラスト製TD06-25Gタービンキットを組み合わせレスポンス重視のセッティング。

ECUはRE雨宮のレドム・ミニ、ブーストコントローラーはトラスト製プロフェックでインタークーラー、ウェストゲートバルブもトラスト製です。

この仕様で380馬力を発生しています。

マフラーはもちろんドルフィン・テールマフラー。


RE雨宮といえば、このマフラーですよね~仲間もコレでした。

というわけで、ワイルドスピードに出てきそうなFD3S、RE雨宮 Greddy8をご紹介しました。
まだカーサンがデジカメメインではない時代の画像が時代を物語ります。

 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのRE雨宮関連記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-コンプリート・カー, チューニングカー, マツダ, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.