車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

クールレーシング驚きの塗装技術のGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER"

投稿日:

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_01
クールレーシングのニッサンR35GT-Rです。
クールレーシングといえば、ボディ全体にエングレービングを施したゴールドとシルバーのR35GT-Rが思い出されますが、今回のR35GT-Rも手間と職人の技が注ぎ込まれています。

「ラインシェイカー」と名づけられたその技術。
気の遠くなるほどの手間の掛かる職人芸でした。


細いラインとなるカラーをまずペイントし、1本1本手作業でマスキングテールをボディに張っていきます。
気が遠くなる手作業。
ラインが曲がる部分も少しずつマスキングテープを曲げていって再現しています。

そのマスキングの上からボディカラーのブルーを塗装。
マスキングを剥がす事で、この細かいラインを作り出しています。

今ならラッピングで出来てしまうかもしれませんが、ラインのシャープさは恐らく敵わないのではないでしょうか?

作業はカスタムペインターROHANで行われ、その様子は動画で見ることが出来ます。

このラインシェイカーだけでなく、ドアミラーやドアハンドルにエングレービングが施されて技術力がアピールされています。
グラインダータトゥーも随所に施されていて今年の目玉として相応しいR35です。

このR35GT-Rは前期型ですが、クールレーシングの新作17ルックのエアロを組み込むことで後期型と同等の外観となっています。
ヴァレンティジュエルLEDヘッドライトも装備されて、一見するだけでは後期型と思うことでしょう。

リアウィングはオルジナルスワンネックタイプのGTウイング。
低い位置にマウントされたGTウィングは最高速重視のイメージ。
派手なペイントにまぎれて分かりにくいですが、このGTウィングの下、デッキ上部にストップランプ付きのダックテールスポイラーも装備。
ダブルウィング仕様で、ダウンフォースありそうです。

もちろん、これほどのエアロを纏うわけですから、エンジンのほうも手が加えられ、ノーマルの3.8リッターから4.3リッターへ排気量アップが行われ、HKSのR35 GT1000フルタービンキットが組み込まれて、その名のとおり、1000馬力を発生しています。

ブースト2kで1000馬力、トルクは120kg-mを超えるそうです。
見た目だけではないハイパースペックなR35なのです。

V型エンジンならではのシンメトリーレイアウトが採用されているキットなのでエンジンルームも美しいのではないでしょうか?

さて、前置きが長くなってしまいましたが、KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER"を詳しく見てみましょう。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 前

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_02
シャープなラインがボディ全体に施された、クールレーシングのR35GT-R。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 後

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_03
ペイントだけで見せる職人技。すごいですね。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 前

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_04
気が遠くなりますね。これをすべてマスキングテープを張って仕上げていくのですから…。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 フロントフェンダー

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_05
ホイールはクールレーシングのVERZ-DESIGN KCV-03。ディープリムながらGT-Rのブレーキキャリパーを逃げるようにデザインされたスポークでビッグキャリパーにも対応です。
サイズは21インチ/10.5J オフセット+5

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 リアフェンダー

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_06
オーバーフェンダーでなくても深いリムを確保するホイール。サイズは21インチ/10.5J オフセット-32。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 エングレービング

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_07
エングレービングが施されたドアミラー。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 ダックテールスポイラー

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_08
スワンネックタイプのGTウィングの下にダックテールスポイラーが!
マフラーもオリジナルのもので、バルブ開閉により音量を変えられるバリアブルタイプ。
バルブの抵抗を減らすためパイプレイアウトも最適化されているらしいです。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 スワンネックGTウィング

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_09
オリジナルロングのスワンネックタイプのGTウィング。低い位置でのマウントがカッコイイ。

クールレーシングGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER" 】 ラインシェイカー

KUHLJAPANPROJECT2018_NISSAN R35GT-R_10
「シールじゃない!」ってアピールしてあります。
それくらい大変な作業なのです。

というわけで今年も職人技を目の当たりにしたクールレーシングのR35GT-R。

公式動画のほうもご覧ください。

▼過去のクールレーシングのR35GT-Rの記事はコチラ

▼他のクールレーシングの記事はコチラ


にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.