車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ポルシェ ミニカー

新型?ポルシェ 935/78のホットウィール

投稿日:

ポルシェの創立70周年を記念して2018年に発表された新型ポルシェ935/78のホットウィールです。

カーサンは、この新型935/78の存在を知らず…ホットウィールもポルシェ935は既に持ってるし…と気にしていなかったのですが、店頭で現物を見て、ナニコレ?と購入してきた次第。

まさか新型としてポルシェ935/78が登場しているとは…驚きです。

ポルシェ935/78は1978年のグループ5規定のレーシングカー。
最近注目されているシルエットフォーミュラのポルシェです。

このポルシェ935/78のオマージュ的に製作したのが、新型ポルシェ935/78。

2018年の新型車ですが/78って辺りがポルシェ935/78への強い思いを感じます。

フロントは往年のポルシェ935/78ままって感じですが、リアは当時のデザインを踏襲しつつ新しい、優れたデザイン。ホットウィールでも再現されていてイイ感じです。

ロングテールはルマン24時間耐久レースを連想させ、カーサン好み。
カウル内側にポルシェのテールエンドが見えるというのも、往時のポルシェ935/78同様です(ホットウィールではテールランプは再現されておらず)。

とくにレース参戦を目的としていないということで、レギュレーションに準していない自由なデザインができたのでしょうね。

911 GT2 RS(991.2)をベースに開発されたマシンということでシルエットもイメージを残しています。

直噴3.8リッター水平対向6気筒エンジンでタービン2基掛けで加給され、700馬力を発生。
ゼロスタートから100km/に達するのに2.8秒、最高速度340km/hを誇るアニバーサリーに相応しいポルシェとなっています。

77台限定ということでプレミアカーですね。

サイドビューは、ポルシェ935/78よりは前年のポルシェ935/77に近いデザイン。ゼッケンナンバー「70」は当然創立70周年記念の70でしょうね。

ホットウィールも新型ポルシェ935/78を良く再現していて、ホットウィールで良く見られるホイールが大きすぎることもなく、丁度くらい。

難点と言えばリアウィングの厚みが厚いくらい。これは金型ですから仕方のないところ。

デザイナーが前回ご紹介のマイティK同様、故リュウ・アサダ氏で、なるほどフロントやリアの布製牽引フックまでモールドされる凝り様は納得です。

良く見るとリアのアンダーディフューザーを吊っているアームも再現していますね。ホットウィールという枠の中で細部が再現されていて楽しい。

新型ポルシェ935/78はシングルシーターですが、オプションで助手席を追加できるということでホットウィールはオプション発注で助手席ありとなっています。

リアウィンドウからはロールケージのクロスバーが見えます。
最新の安全基準を満たし、ルーフに見えるのはFIA準拠の緊急脱出用エスケープハッチです。

シャシー裏はあっさりとしていますが、リアディフューザーのセンタートンネルはモールドで再現されています。

ご覧いただきました、ホットウィールの新型ポルシェ935/78。
ホットウィールのポルシェ935/78は持ってる~という方、今回のポルシェ935/78は新型!油断してると手に入れ損ないますヨ。

危うく買い逃すところだったカーサン。手に入れられてヨカッタです。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, ポルシェ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.