車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

クールレーシングのエングレービングR35GT-R【KUHL RACING R35GTR ENGRAVEGOLDMETAL】東京オートサロン2016

投稿日:

KUHL RACING R35GTR ENGRAVEGOLDMETAL Front View

クールレーシングR35GTR東京オートサロン2016_01

KUHL RACING R35GTR ENGRAVEGOLDMETAL Rear View

クールレーシングR35GTR東京オートサロン2016_02

クールレーシングのR35GTRです。金ピカのゴールドメタリックだけでも目を引きますが、なんとボディーに彫刻を施してあるのです!

すでにアチコチで話題になっているのでご存知とは思いますが、まったくの素人が見てもスゴイ!とわかる手間の掛かり方。施工された職人さんには頭が下がります。

このクールレーシングのR35GTRも見たい車の一つでした。MAZDAのブースのまん前でしたから、すぐ分かってよかった!
すごい人だかりで、人気でしたよ!クールレーシングのR35GT-R!

では、クールレーシングの芸術的といっていいR35GTRをご覧下さい。


 

ボディーに直接彫り込むエングレービングという技法

クールレーシングR35GTR東京オートサロン2016_03
クールレーシングのR35GT-Rの見所はエングレービングという技法で、職人がボディーに直接リューターで彫りこんで模様を構築するといいます。

つまり完全ハンドメイド。職人技!ですね。芸術的な仕上がりにため息を漏らすばかりです。
これら作業を担当したのがARTISと(アルティス)というブランド。
やはりペイントやボディーワークの専門家が行ったのですね。

見たことのない立体感を見せるクールレーシングのR35GT-R

クールレーシングR35GTR東京オートサロン2016_04

メッシュ状の紗綾型模様はマスキングテープを貼った上から塗装し、マスキングを剥がす事で、凹凸を出しているといいます。これまた手間の掛かる作業です。
途方もない労力の末に生み出されるクールレーシングのR35GT-Rに施されたエングレービング。
素晴らしい。

芸術品といってイイ、クールレーシングのGT-Rに施されたエングレービング

クールレーシングR35GTR東京オートサロン2016_05

クールレーシング【KUHL RACING R35GTR ENGRAVEGOLDMETAL】
クールレーシングR35GTR東京オートサロン2016_06

金ピカなのが下品と評している声もあるようですが、実物は、ぜんぜん。下品ではありません。
写真では伝わらない立体感があります。
なんだか京都とかの寺社仏閣の文化財を見たような・・・そんな気持ちです。

エングレービングは相当な技術を要するのでドコでもエングレービングができるようにはならないでしょうが、もっと一般的になれば、街で見かける車に普通にエングレービングが施されている…そんな日が来るのかも。

頂いたパンフを見るとこの金ピカエングレービングのクールレーシングのR35GT-Rには価格が付いていて驚きました。「売り物?!」のようですよ。

まだ大阪もありますからショーでの展示後に売られるのでしょうか?

価格は5900万円。手間を考えれば不思議はありませんね。

詳しくはクールレーシングHPもご参考に!

▼過去のクールレーシングのR35GT-Rの記事はコチラ

▼他のクールレーシングの記事はコチラ



にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.