車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー 東京オートサロン

エイムゲインGTのニッサンR35 GT-Rは2017ver.へ進化!type-2エアロを纏って東京オートサロンに展示

投稿日:

AIMGAIN GT R35 GT-R TYPE 2

AIMGAIN_GT_NISSAN_R35GT-R_01
パープルのカラーリングが目立つエイムゲインGTのニッサンR35 GT-R タイプ2。
去年、東京オートサロンに展示されたエイムゲインGTのR35から更に進化を遂げてハデになったタイプ2エアロ。
特にフロント周りの造形に手が加えられて、イカつい顔つきになりました。
複雑に組み合わさったストラクチャーにスプリッターを装備。
去年のものは洗練されたイメージでしたが、こちらは獰猛な野獣といったイメージ。
インパクトありますね。

オリジナルのリベット留めワークスフェンダーはフロントが約50ミリワイド、リアが約80ミリワイドになり、フロント:285/35R20、リア:315/30R20のタイヤを軽々と飲み込みます。
タイヤは定番のTOYO PROXES R888R。
ホイールはSAVINI BM15Lの20インチをチョイス。
BOLD WORLDのエアサスで車高の上下が可能に。
ベタベタのスキマなしの展示メインの車高から走行できるMAXの車高までエアサスペンションで自在になっています。
MAXまであげても普通に見たらベタベタの車高です。

前からだけではなく、チョット角度をつけてエイムゲインGTのR35GT-Rを見てみましょう。

AIMGAIN GT R35 GT-R TYPE 2

AIMGAIN_GT_NISSAN_R35GT-R_02

パーフェクトボディーキットと名付けられたエイムゲインGTのエアロパーツ。
フロントバンパー とフロントグリルとアンダーリップにサイドアンダースポイラーを組み合わせることで複雑な造形を作り出しています。
スプリッターとは言わず、アンダーリップと呼んでいるようですね。

サイド側はやはり、リベット留めワークスフェンダーが目立ちます。
カーボンGTウイングキットはスワンネックタイプで大型のものが装着されています。

展示の関係で見ることは出来ませんでしたがリアアンダースポイラーとディフューザー(バックフォグ装備)が装着されているとのことで、この辺りは去年のものと同様なのではないかと思います。

 
マフラーはGTループマフラーが装着されてメイン80Φ テール125Φの大口径のものが奢られているようです。

上の写真を見るとホットウィールのパッケージイラストのように見えますね。
カラーリングからもエヴァンゲリオンを髣髴とさせるエイムゲインGTのR35GT-R。
目立ち度はかなりのものでしたね。

来年はTYPE 3ですかね?

ネットでもエアロパーツ買えます。

リベット留めワークスフェンダーといえばロケットバニーやリバティーウォークも有名。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TRA京都 GT-R R35 ロケットバニー ウイング
価格:190453円(税込、送料別) (2017/5/16時点)

他のエイムゲインGTに関する記事は▼コチラ
エイムゲインGT


にほんブログ村

-チューニングカー, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.