車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

レース車両 東京オートサロン

カルソニックブルーのIMPUL GT-R 2013年仕様【画像資料】東京オートサロン2016展示車両

投稿日:

CALSONIC IMPUL GT-R 2013 Front view
CALSONIC_IMPUL_GT-R_SUPER_GT500_2013_01

CALSONIC IMPUL GT-R 2013 Rear view
CALSONIC_IMPUL_GT-R_SUPER_GT500_2013_02

何故か2013年参戦車のR35GT-Rを展示していたIMPULブース。
このくらいの年代だと、もう古く感じてしまいます。
フロント回りも市販のR35GT-Rから少し距離を感じますし、ウィングもスワンネックタイプを見慣れてしまったので、こんなに素っ気なかった?って思っちゃいますね。

因みに2013年の体制は松田次生選手とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手のタッグ。
TVではJ・P・オリベイラって呼ばれているのでフルネームには違和感を感じたりして。

そうそう、この写真を撮影する前に星野監督がいたんですけど、撮影している間にいなくなっちゃいました。
惜しい。

ちょっと古さを感じる2013年型R35GT-Rですが、ぐるっと見てみましょう。


CALSONIC IMPUL GT-R 2013 Front view zoom up
CALSONIC_IMPUL_GT-R_SUPER_GT500_2013_03

ヘッドライト脇の整流版?がちょっとヘン。機能としてはシルエットフォーミュラとかの時代のボンネットスポイラーのようなものでしょうか?これが市販のR35GT-Rから遠く感じる一因かも。

CALSONIC IMPUL GT-R 2013 Rear view
CALSONIC_IMPUL_GT-R_SUPER_GT500_2013_04
隣に展示してあったSUPER FORMULA 2015 参戦車・LENOVO TEAM IMPUL SF14のウィングと比較。

CALSONIC IMPUL GT-R 2013 Rear view Wing zoom up
CALSONIC_IMPUL_GT-R_SUPER_GT500_2013_05
スワンネックに見慣れてしまうと古い!とか思ってしまいますね。時代ですね。わずか2,3年前なのですが。

CALSONIC IMPUL GT-R 2013 Side view zoom up
CALSONIC_IMPUL_GT-R_SUPER_GT500_2013_06
サイドのフェンダー周りも今から比べると大人しめにみえますね。

▼ちなみに2015年仕様のカルソニックIMPUL GT-Rはこんな感じでした。


EBBRO 1/18 CALSONIC IMPUL GT-R SUPER GT500 2015 Rd.1 Okayama No.12


にほんブログ村

-レース車両, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.