車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

未分類

ZENOS E10Sは純度100%のライトウエイトスポーツ!【 ZENOS CARS JAPAN】

投稿日:

ZENOS E10S【 ZENOS CARS JAPAN】

ZENOS_E01S【 ZENOS CARS JAPAN】_01
閉館間際の東京オートサロンで見つけた見慣れないスポーツカー。
それがゼノス E10Sです。

東京オートサロンだっただけになにかベース車両があってカスタマイズされた車両なのかと思いましたら、まったくのオリジナル。

イギリスに本社をもつゼノス・カーズ。
少量生産でスポーツカーを提供している、いわゆるバックヤード・ビルダーといったところ。
イギリスにはそういったマニアックなものづくりがありますね。

画像では、ちょっとデザインの好みが分かれそうにみえますが、ゼノス・カーズ・ジャパンのHPを見ると、とても伸びやかなフロントノーズの後方にコックピットが配されるとてもカッコイイデザイン。
ロングノーズ、ショートデッキのスポーツカーの王道スタイルにみえます。
車幅があるので画像ではちょっと…ですが実車はもっとかっこいいですね。

押出成型のアルミニウム製メインフレームをベースにカーボンファイバーを組み合わせたハイブリッド構造のシャーシ。
その結果、車両重量は725kg!

そこに250馬力を発生するフォード製2リッター・ターボのエコブースト・エンジンを組み合わせてパワーウェイトレシオは実に2.9!

軽さは武器ですね。

同社のHPにも「疑う余地のない、純度100%のライトウエイトスポーツ。」と謳われているのも頷けます。
最高時速は216km/hながら、ミッドシップマウントされたエンジンとダブルウィッシュボーンサスペンションとでコーナーリングは楽しそう。

ZENOS_E01S【 ZENOS CARS JAPAN】_02

テールエンドはご覧のとおり。丸目ワンテールにセンター出しマフラー。
特徴あるフロントフェイスとは対照的にフラットなイメージのリアビューです。

ボディーカラーはベースカラーのZENOS Yellow。

ベースカラー4色(ブルー、レッド、グリーン、イエロー)のほかにオプションカラーがあり、Firebrand Red、Wired Orange、Scandalous Yellow、Noble White、Razor Silver、Screamin Green、Soarin Blueなど基本的なカラーは取り揃えられています。

展示されていたのは、このE10SのほかにNAのE10。
▼こちらから見られます。

ZENOS E10【 ZENOS CARS JAPAN】

ZENOS_E01S【 ZENOS CARS JAPAN】_03
ノーブルホワイトのゼノスE10。
最高出力200馬力のフォード製2リッター直列4気筒エンジンでこちらはNA(自然吸気)。
NAのほうがエンジン音が高音になるので、よりスポーティかも。

もう1台最上位グレードのE10Rがありますが、こちらは展示されておりませんで…。
残念です。E01Rは最高出力350馬力の2.3リッター・ターボエンジンを搭載。
車両重量700kgですからパワーウェイトレシオは2。
これはマクラーレン・MP4-12Cをも上回る数字です。

外観にほとんど違いは見られませんが、走りは大きく違うでしょうね。

ただ、残念なことにイギリス本社のゼノス・カーズは今年1月末に倒産してしまったそう。
新たな投資先を探していることをAutoBlogが伝えています。

買うなら今のうち?かも?

ゼノス・カーズ・ジャパンHP


にほんブログ村

-未分類

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.