車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

ホットウィールのランボルギーニ・セスト・エレメントはリアスポもちゃんと抜けていて良い!

投稿日:

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_01
RACEDAYと同時に発売されていたホットウィールのランボルギーニ。
まずはランボルギーニ・セスト・エレメントから。

2010年のパリモーターショーで公開されたセスト・エレメント。
その後サーキット専用で20台限定の発売。
もちろん完売です。2億とか3億とかそういう価格帯のクルマです。
スーパーカーの中でもさらにスーパー。
すんごいクルマです。

セスト・エレメントってナニね?と思っていましたがどうやらカーボンのことを示しているようです。
ボディがカーボン製ということで、その名が付いたようですが、お高いスーパーカーは大体カーボンではないかと…。

それはさておき、ホットウィールのランボルギーニ・セスト・エレメント、なかなか特徴を捉えていると思います。
山なりに盛り上がるようなボディラインが表現されていて、おお!ランボルギーニ・セスト・エレメント!と分かります。

ランボルギーニにしては有機的なボディが旧来のランボルギーニデザインと融合していい感じです。

それでは、ホットウィールのランボルギーニ・セスト・エレメントを詳しく見てみましょう!

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_02
かなり良く特徴を捉えているホットウィールのランボルギーニ・セスト・エレメント。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_03
ちょっとシャープさがないのですが形状としてはいい感じです。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_04
ただランボルギーニらしい危ういバランスはキレイに整わされた感じがしますね。
チョットかっこいい方向にアレンジされてます。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_05
リアスポイラーのスキマもちゃんと抜けていてウィング自体の薄さもがんばって薄くしてますね。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_06
いい出来です。惜しいのは本当にシャープさだけといっていいです。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_07
タコの吸盤…いやヘックスデザインのエンジンフードの穴もちゃんと塗り分けられています。
ヘックスなのは元素記号をイメージしているのでしょうかね。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_08
ちょっとフロントフェンダーが盛りすぎ?かな。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_09
ルーフアーチはもう少し丸みが欲しいかも。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_10
ヘッドライトは印刷。ランボウギーニ・エンブレムも表現。

ホットウィール・ランボルギーニ SESTO ELEMENT 前

Hotwheels_Lamborghini_SESTO_ELEMENT_11
ややダブルバブル形状のルーフも再現されているのが後方から分かります。

かなり気合の入ったランボルギーニ・セスト・エレメントです。
ホットウィールは車種によって気合の違いが見えますね。

ランボルギーニは人気車種でしょうから気合が入るのも道理。
出来がよくって満足のいく1台でした。


にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.