車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

レース車両 東京オートサロン

お蔵入りだったD1グランプリ出場車両のRYO JAPAN R35 GTRを蔵出し

投稿日:2019年6月25日 更新日:

RYO JAPAN R35 GTR


しばらく溜まっていたミニカーをご紹介してきましたが、まだまだ記事にできていない東京オートサロン2019で展示された車両も多数あるのでそちらも再開です。

今回はオクヤマブースに展示されたRYO JAPAN R35 GT-Rです。

RYO JAPANはD1グランプリで活躍した吉永 亮選手のショップで兵庫県にあります。

オクヤマは競技用パーツで有名で、「オクヤマ流」のステッカーは見覚え有る方も多いハズ。

特にロールバーやストラットタワーバーなどのボディ補強パーツで有名ですね。

D1グランプリに出場するはずだったR35 GT-Rを蔵出し

2016年にSUNOCO LINE UP RACING TEAM with POTENZAとして藤尾選手のドライブで参戦するはずだったR35 GT-R。

諸般の事情でお蔵入りしていたものを今回の東京オートサロン2019でリファインして蔵出し展示したのがこのRYO JAPAN R35 GT-Rです。

目を惹くのはなんといっても、リバティーウォークのビス留めワイドフェンダーを始めとするLB-WORKSのボディキット。
タイプ1のボディキットでスワンネックのGTウィングを装備しています。

ホイールはRAYSの57FXXですかね。
RCF(レイズ・キャストフロー・フォーミング)工法を用いたグラムライツシリーズのホイールは軽量かつカッコイイです。

詳しいスペックが公表されていないのですが、エンジンはバラして内部まで手が入っているようで、ドリフトマシンらしいハイパワーを発生しそうです。

RYO JAPAN R35 GT-R フロントディフューザー


イエローだったヘッドライトはノーマル同様のクリアーに戻され、ボディ全面に貼られたステッカーも一新。
ボンネットに大きく貼られていたスノコのスポンサーロゴは小さくなっています。

RYO JAPAN R35 GT-R LB-WORKSビス留めワイドフェンダー


RYO JAPAN R35 GT-Rの外観上の大きな特徴がリバティーウォークのビス留めワイドフェンダー。
クラッシュの多いD1グランプリ出場車両という事で、フロントバンパーは簡単に交換できるようになっている様です。

大口径ホイールのRAYS製57FXXとの組合わせもカッコイイですね。

RYO JAPAN R35 GT-Rのリバティーウォークのリアウィングとディフューザー


大きなスワンネックタイプのGTウィングが目を惹くRYO JAPAN R35 GT-R。
リアアンダーにはディフューザーが装備されています。
高速でコーナーに進入するD1グランプリですから効果がありそうです。

すぐにでもD1グランプリに出場できそうなRYO JAPAN R35 GT-R。
今年のD1グランプリに出場していないようですが、せっかくのR35 GT-Rですから出場できるといいですね。

<PR>

▼関連記事はコチラ


半年待って手に入れたMINI GTの1/64LB-WORKS Nissan R35GT-Rの、今度はトイザらスオリジナル版が発売って…

LB★WORKSのR35 GT-R Type.2ADVANカラーはカムイ・プロデュースのラッピング

群馬自動車大学校×リバティウォークのコラボR35GT-R CUSTOM 【 GAUS × Liberty Walk R35 GT-R CUSTOM 】

LB WORKS GTR type.2はワークスフェンダーにベンチレーション追加のR35!東京オートサロン2018展示車両

ウェザリング加工されたLB☆WORKS R35GT-R 【画像資料】東京オートサロン2016展示車両


にほんブログ村

-レース車両, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.