車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トミカ ミニカー

トミカの初回特別仕様、日産GT-Rニスモ2020エディションはメテオフレークブラックパール

投稿日:2019年7月22日 更新日:

なんとか手に入った初回特別仕様のトミカ日産GT-Rニスモ2020エディション


トミカの初回特別仕様、日産GT-Rニスモ2020エディションです。
日産GT-Rはいろいろなバージョンが発売されていて、どこがどう違うのやら…。

速く走ることが至上命題のGT-Rですから細かい仕様変更を繰り返しタイムを削ってきた結果ですから見える変化が少ないのは仕方のないことではありますね。

性能で言えば、ラップタイムが2.5秒縮めたという日産GT-Rニスモ2020エディション。
発売してすぐの2020モデルをトミカがソッコーミニカーにしてくれたわけです。

トミカの初回特別仕様、日産GT-Rニスモ2020エディション


日産GT-Rニスモ2020エディションの新装備として

  • カーボンルーフ
  • NISMO専用カーボンフード(NACAダクト付)
  • NISMO専用カーボンフロントフェンダー(エアアウトレット付)
  • NISMO専用GT3タービン(IHI製高効率、大容量ターボ)
  • カーボンセラミックブレーキ(NCCB:ニッサン カーボン セラミック ブラック)
  • レイズ製20インチアルミ鍛造ホイール(専用設計)
  • 新開発サスペンション/ハイグリップタイヤ
  • RECARO製カーボンバックバケットシート(専用設計)

などがありますが、日産のHPの画像をみるに目立つのはカーボンルーフとフロントフェンダーのエアアウトレットですが、初回特別仕様はボディがブラックのため、あまり違いは分かりませんね。

メテオフレークブラックパールの日産GT-Rニスモ2020エディションのトミカ初回特別仕様


出来に関してはトミカですからね。イイ出来です。ちょっとリアウィングのバランスが悪いくらい。
このブラックは日産GT-Rニスモ2020エディションのカラーは特に表記がないので、恐らくメテオフレークブラックパールを再現しているのかと思います。


塗装面をよく見ると細かなパールが入っています。

ヘッドライトやリアウィングは別パーツのトミカ初回特別仕様、日産GT-Rニスモ2020エディション


タンポ印刷は細かく、ヘッドライトはクリアパーツ。最近のトミカはヘッドライトはクリアパーツが当たり前ですね。
リアウィングは成形色ままながら別パーツで装備されています。

ブラックボディのトミカの初回特別仕様、日産GT-Rニスモ2020エディション。
ニスモ仕様の特徴のレッドラインも細やかで、カッコイイ。
手間がかかっていますね。

GT-Rの新車開発はされていないと噂されていますが、バリエーションはまだまだ出てきそう。
トミカでその変遷が追えると面白そうですね。

▼楽天で買えますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トミカ No.78 日産 GT-R NISMO 2020 モデル
価格:340円(税込、送料別) (2019/7/20時点)

楽天で購入

<PR>

▼関連記事はコチラ


初回特別仕様買えた!トミカの日産GT-Rニスモ2020モデル

トミカの日産GT-R NISMO GT500はマットカラーのテストカー仕様

トミカ・スカイラインRSターボ・スーパーシルエットを発見!長谷見昌弘レーシングスカイラインコレクションで引き当てたミニカー

日産R35GT-Rのエンジンは匠が1基ずつハンドメイド。イズミ・シオヤ名義のエンジンを日産銀座CROSSINGで

日産GT-R50 byイタルデザインを銀座で見てきました!50台限定のGT-Rとitaldesign50周年記念コラボモデル


にほんブログ村

-トミカ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.