車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

アオシマ ミニカー

アオシマ130ローレル②1972年式のカモメウィングを画像で詳しく【 1/64ミニカー グラチャンコレクション BEST 】

投稿日:

アオシマ130ローレル②1972年式 前

アオシマ130ローレル②1972年式_01

アオシマ130ローレル②1972年式 後

アオシマ130ローレル②1972年式_02

こちらも忘れてはいけないアオシマのグラチャン・コレクション。
狙い目は240ZGですが、どれが出ても良し。
引きの弱いカーさんとしてはとても気が楽です。

というわけでゲットしましたのはC130のローレル。
カーサンの世代ではない(もう少し前の世代の車)ので良く分からんのですが、

丸目4灯を角目に、リアのテールランプを丸目ワンテールにチンスポとカモメウィングを追加したローレルってことで宜しいでしょうかね。もちろんシャコタン、マフラーデュアル出し。細目のデュアルが泣かせます。

なんでしょうね、出来もですが質感がいい。メッキパーツの有りようがリアルです。
あの時代を感じることができます。

そんなアオシマ製C130ローレルを詳しく見てみましょう。

アオシマ130ローレル②1972年式 前

アオシマ130ローレル②1972年式_03
さすがプラモデルで有名なアオシマ。良く出来てます。撮影用の床が波打っていますがお気になさらず…。

アオシマ130ローレル②1972年式 後

アオシマ130ローレル②1972年式_04
テールランプは改造されて丸目ワンテールに。カモメウィングって小さいですね~時代を感じます。

アオシマ130ローレル②1972年式 前上部

アオシマ130ローレル②1972年式_05
しっかりエッジはエッジ、膨らみは膨らみでメリハリしっかり。とてもきれいです。

アオシマ130ローレル②1972年式 後上部

アオシマ130ローレル②1972年式_06
ウィンドウモールのメッキもきれいに塗られていて素晴らしい。

アオシマ130ローレル②1972年式 右側

アオシマ130ローレル②1972年式_07
メッシュホイールの被り具合…絶妙です。

アオシマ130ローレル②1972年式 左側

アオシマ130ローレル②1972年式_08
もしかして…サイドステップついてます?ちょっとコックピット廻り厚みがあるなと思ったら。

アオシマ130ローレル②1972年式 前

アオシマ130ローレル②1972年式_09
丸目4灯を角目に。バンパーのダクト穴とかちゃんと開いていたり、細かいところまで凝っていて愛を感じますね。ヘッドライトとグリルを同一成形のパーツにすることでアウディの時に指摘した取り付け用のボッチがヘッドライト奥に無くなってスッキリ。効率化と見た目を両立させています。

アオシマ130ローレル②1972年式 後

アオシマ130ローレル②1972年式_10
後付感ハンパない丸目ワンテールが改造車らしくてリアル。
デュアル出しのマフラーもちょっと立ち上がっていて良く表現されてます。

アオシマ130ローレル②1972年式 カモメウィング

アオシマ130ローレル②1972年式_11
カモメウィングとはよくいったもので、ウィング両端がやや下がる形状。
ボディー幅いっぱいまで伸ばさない控えめな大きさに時代を感じますね。

この時代をリアルタイムでは体験しておりませんが、感覚は伝わります。
細かいところまで気が利いていてとても愛に溢れるミニカーです。
好みの別れるところではあると思いますが…ね。

グラチャン売ってる店が遠めなので仕事のついでに寄れなかったするので、次のトライがいつかは分かりませんが、240ZG目指してちょいと挑戦してみます。


にほんブログ村

-アオシマ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.