車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

コンセプト・カー ニッサン 東京モーターショー

GT-Rコンセプトのプレスキット

投稿日:

部屋を整理することの多い今日この頃。
懐かしいものが良く出てきて整理が進みませんが、今回出てきましたのが第35回東京モーターショーのときに電撃発表された日産GT-Rコンセプトのプレスキット。

現在のR35GT-Rのコンセプトモデルです。

GT-Rコンセプトに関しては「GT-Rコンセプト/東京モーターショー2001ver.」で東京モーターショーで展示されたときの古い写真を記事にしていますが、今回出てきたのは、その時のプレスキット。

ジャーナリストでもないのに、なんでGT-Rコンセプトのプレスキットを持っているのか?は定かではありませんが、GT-Rグッズとしては珍しいモノです。

縦長の厚紙にブラックベースにGT-R CONCEPT The 35th Tokyo Motor Show October 2001」のロゴ。
そして今や旧ロゴとなった日産のロゴが印刷されたプレスキット。

3つ折りの見開きとなっていてGT-Rコンセプトの解説が日本語と英語で、そしてディスクがついています。

あれ?これってGT-Rコンセプトの走行シーンとか入ってたりするDVD?と思い、すぐ中を確認しましたら、DVDではなく、プレスキットらしくワードのテキストと、jpgの静止画データが13枚。

でそれをプレビューするためのpdfファイルでした。

プレスキットなので、メディアで使用できるように提供されたJpegと掲載用の紹介文なのでしょう。

メヂアの記者の皆さんは、これをもとに記事を書くわけです。
走行シーンの動画ではなかったのは残念でしたが、ちょっと業界人気分で面白いです。

提供されていたjpegは実際のGT-Rコンセプトを撮影したもの。

最近はCGのレンダリングを使ったりしますが、このプレスキットの画像は展示されたGT-Rコンセプトの実車を撮影したものでした(クリアレンズに一眼レフカメラが映りこんでいました)。

当時の記事にもGT-Rコンセプトのスペックは公開されていないとありますが、プレスキットに一切詳細どころかスペックに関するデータの記載はありません。

CD裏を開いてみてもGT-Rコンセプトのデータではなくプレスキットを見るためのPCの必須スペックが書かれているのみ。

ワードのテキストにもスペックはなく「究極のドライビングプレジャーを追求」ということを何度も訴えているのみでした。

この文章は日産のHPに全文が掲載されています。

発表すら秘密にしていたトップシークレットのGT-Rコンセプトですからね…コンセプト段階で手の内は晒さない…ということですね。

GT-Rコンセプトの動画が見られる!と期待してしまっただけにチョット残念。
とはいえ、今となっては手に入らないプレスキットですからね。
大事にしまっておきます。

 

 

 

▼関連記事はコチラ
イノモデルの1/64日産スカイラインGT-R「カルソニック・チーム・インパル」INNO64 NISSAN SKYLINE GT-R R32#12 "CALSONIC TEAM IMPUL" IN64-R32-CA12

MINI -GTのLB★WORK日産R35GT-R Livery2.0のBlueでLB Type2エアロ

MINI GTのJPSカラーのLB★WORKS R35GT-Rとウラカンのグリーンメタリックが届きました!

MINI GTのチェイスカーとは?!LB★WORKSランボルギーニ・ウラカンGTの通常版との違い

当ブログのLB★WORKS関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-コンセプト・カー, ニッサン, 東京モーターショー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.