車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)


トミカ トヨタ ミニカー

トミカプレミアムのトヨタ・セリカXX【発売記念仕様】

投稿日:

今月のトミカの日に発売されたトミカプレミアムのトヨタ・セリカXXの発売記念仕様です。

カラーリング的には通常仕様の方が良かったのですが、今しか買えないというプレミア感に負け、発売記念仕様を買ってしまいました。

トヨタ・セリカXXと言えば、やはりオジサン世代にはメカドックを思い出さずにはいられません。

メカドックがイリーガルなキャノンボールへ出場したのがトヨタ・セリカXXでした。

トミカプレミアムのトヨタ・セリカXXの発売記念仕様のホワイト/ブラックのツートンはメカドックのセリカXXの原作者指定色をイメージさせますね。

トミカプレミアムのトヨタ・セリカXXをレビュー

出来はイイ、トミカプレミアムのトヨタ・セリカXX。
個体差ですが、リトラクタブルヘッドライトが閉じた状態で左側が少し沈んでいて残念。

今、思いましたがパンダカラーということもあってCピラーからリアあたりのデザインはAE86にそっくりですね。

ホイールの中央の盛り上がりが足らないのでホイールキャップにみえてしまう…。
ホイールが良く出来ているだけでもイメージがかなりいいのに。

ヘッドライトの凹みは、この画像で良く分かります。
工作精度の高いトミカにしては珍しいですね。

ヘッドライトは開閉ギミックがあるトミカプレミアムのトヨタ・セリカXX

トミカプレミアムのトヨタ・セリカXXはリトラクタブルヘッドライトがポップアップできる開閉ギミックが付いています。

シャシー裏にスライドできるボッチを使ってヘッドライトをポップアップさせますが、ヘッドライトのレンズ面は実車のセリカXXより小さめ。
しかし小さいミニカーでポップアップでひっかからないように逃げを作ったりよく考えて設計されています。

細かいところですがグリルのメッシュネットにも注目。

開閉ギミックはリトラクタブル・ヘッドライトのポップアップだけではなく、トミカらしくドア開閉ギミックもあります。

ドアを開くとコックピット内部を見る事ができるトミカプレミアムのトヨタ・セリカXX

トミカプレミアムのトヨタ・セリカXXのドアを開けると、コックピット内部を見る事が出来ます。

カクカクとしたダッシュボードが当時を感じさせます。
ドア開閉ギミックのために切り抜かれたグローブボックスが豪快。

個人的にトヨタ・セリカXXらしさを感じられるサイドビュー。

ウィンドウモールの塗りなどもトミカらしく位置もピッタリ。きっちりやってくれています。

トミカプレミアムのトヨタ・セリカXXのヘッドライトはポップアップギミック付きでテールランプはレッドのクリアパーツです。

クリアパーツの上から前期型のテールランプの特徴のバックランプが印刷されています。

細かいところに結構手間がかかっていますね。

トミカプレミアムのトヨタ・セリカXXのシャシー裏はあっさりめ。

浅いモールドでミッションケースやら、ドライブシャフトやら、エキゾーストのパイピングやらが表現されています。

リトラクタブルヘッドライトのポップアップ用スライドボッチが画像の左下に見えます。

 

裏から見て気が付きましたが、タイヤ細っ!
ノーマルはこんなものなのか、カーサンが改造車ばかり見ていたせいなのか…。

というわけで見て参りました、トミカプレミアムのトヨタ・セリカXX。
出来はイイですが、個体差でリトラクタブルヘッドライトが凹んでしまっているのは残念でした。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのトミカの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-トミカ, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.