車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)


ホットウィール

ホットウィールで見るアメリカン旧車カスタム(First Editions TailDragger他)

投稿日:

だいぶ昔、カーサンが初めてホットウィールを知ったのはテイルドラッガーだったと記憶しています。

もちろん、ホットロッドを始めとするアメリカン旧車カスタムカーの存在は知っていましたが、テイルドラッガーを見た瞬間、優れたデザインに驚いたものです。

なんで、こんな話が始まったのか?といいますと、この手のアメ車カスタムのホットウィールがディスプレイごと出てきたから…なのです。

引っ越し時にディスプレイケースごと段ボールにぶち込んだらしく、ディスプレイケースごと、この5台が発見されました!

…ジャイダも混ざっていますがホットウィールのそれもカラーリングの一番好きだったテイルドラッガーが出てきたのは嬉しいです。

ホットウィール・テイルドラッガー(First Editions TailDragger)

ホットウィールでも不人気になるファンタジーカーにあって、1941年式フォードクーペベースのカスタム・フォードをモチーフにしたテイルドラッガーは別格。

ローダウンされた車高、チョップされたルーフ、リアタイヤを隠すスパッツ、そして両サイドから出されたマフラーが特徴的です。

メタリックパープルのボディカラーにブルーでピンストが入り、カーサンのお気に入り。

しかもコレ、ファーストエディションのテイルドラッガーでした!
しばらく忘れていましたが、見つかってヨカッタです。

あとでレビューします!

ホットウィール・ソーファイン(First Editions So Fine)

こちらもスタイリングの素晴らしい、ホットウィールのSo Fine。
名前の通り、ファンタジーカー扱いですが、1951年のビュイックロードマスターをカスタムしたイメージで、シャシー裏にはGMTMの刻印があります。完全にファンタジーカーとはいいきれないホットウィールオリジナルデザインです。

テイルドラッガー同様、ファーストエディションでシブいカラーリングが逆に目を惹きますね。

ホットウィール・ラ・トロカ(First Editions La Troca)

ラ・トロカは最近でも発売されていて馴染みのあるトラックですね。

ファンタジーカーながら1950シボレー3100ローライダーがモチーフで、やはり、シャシー裏にGMTMの刻印があります。

2020年にコストダウンによる金型改修が行われていますが、こちらは貴重なファーストエディションです。

ホットウィール・イビル・ツイン(First Editions EVIL TWIN)

これはファンタジー色の強い、イビル・ツイン。

しかしファンタジーカーながら1940年代のキャデラックをモチーフにしたカスタムでソレっぽいデザインになっています。

このカラーもファーストエディション。

飾ってあったのは、すべてファーストエディションでした。

ジェイダの1953年式シボレー・ベルエア

最後の一つはホットウィールではなくジェイダ・トイズの1953年式シボレー・ベルエアです。

価格帯が違うミニカーですが、正直ジェイダのミニカーはアレンジが強く実車のソレに見えない…イメージがあったのですが、こういったアメリカン旧車カスタムはジェイダ、いいじゃないですか!

細かいメッシュスポークのホイールと言いピンストと言い…素晴らしい。

こちらも後々レビューしたいと思います。

久々にみる昔のミニカー、イイモンですね。

詳細はレビューしていきますのでお楽しみに!

 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.