車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

ホットウィール プレミアム テーマ アソートのカスタム'67ポンティアック・ファイアーバード

投稿日:

本日発売のホットウィール プレミアム テーマ アソートのカスタム'67ポンティアック・ファイアーバードです。

実はトイザらスに行くのが昼頃になってしまい、行ったころにはほとんど無い状態。
日本車ではないので大丈夫と思っていたカーサンが甘かった…ほとんど残っていなかったホットウィールの中から手に入れたのが、このカスタム'67ポンティアック・ファイアーバードです。

とはいえ、仕方なくコレ…という購入ではなく、コレは!というイイほうの購入。
何といってもマットブラックのボディにオレンジストライプが映える映える。
これが何で売れ残っていたのか?って思うくらい見た目がイイ。

ちょっと画像ではマットブラックの良さが分かりづらいのが残念ではありますが、質感のいいマットブラックです。

カスタム'67ポンティアック・ファイアーバードということでノーマルではなくカスタムカーのホットウィール。

やはり目を惹くのはボンネットを外した状態でドデカいV8ユニットをドーンと見せているところ。

しかもメッキ塗装でこんなにキラキラ!
細かなパイピングまで再現されています。
重なり合うようなインマニが美しい。

リアタイヤこそホットウィールらしい大きなホイールで、それに伴いリアフェンダーの盛り上がりが誇張されていますが、ルーフはチョップされておらず適正な高さでなかなか良くできています。

ヘッドライト、テールランプともに印刷は無し…べーシックカーの倍くらいの価格、トイザらスでワンコインくらいの値段ですからベーシックカーとの違いを見せて欲しいところ。

ベーシックカーでも最大3面印刷しているので、せめてヘッドライトかテールランプのどちらかくらいは印刷して欲しいですね。

コスパは悪いと言わざるを得ません。

シャシー裏は中央こそライセンス表記などでフラットですが、前後のモールドは結構しっかり彫ってくれています。

さてご覧いただきました、ホットウィール プレミアム テーマ アソートのカスタム'67ポンティアック・ファイアーバード。
出遅れてしまったので狙い目は手に入れられませんでしたが、カスタム'67ポンティアック・ファイアーバードが手に入れられたのはヨカッタ。
ブリスター越しでもマットブラックにオレンジのカラーリングは目を惹くので手に入れた方も多かったのではないでしょうか。

コスパに関しては難アリといったところでしたが、欲しいか?欲しくないか?で言ったら「欲しい。」踊らされてしまうわけですよ。結局。

そんなわけでマットカラー好きカーサン満足の1台でした!

コスパでいえばサテン&クロームのほうがプレミア感があったかもしれませんね▼


 

▼関連記事はコチラ
ホットウィール50thレース・チームの'70ポンティアック・ファイアバード

ホットウィールの’77ポンティアック・ファイヤーバードはフレアパターンのブルーの反射が素晴らしい 【Hotwheels '77 PONTIAC FIREBIRD】

ホットウィールの’67ポンティアックGTOは縦目とロングテールがカッコイイ!【Hotwheels '67PONTIAC GTO】

’73ポンティアック・ファイアーバードのホットウィールは多分トランザムでしょ?【Hotwheels '73Pontiac Firebird】

当ブログの他のホットウィール紹介記事を見る

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.