車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トミカ マツダ ミニカー

マツダ3のトミカ、匠塗 TAKUMINURI・ソウルレッドクリスタルメタリックの再現

投稿日:

トミカのマツダ3です。
フラッグシップカラーのソウルレッドクリスタルメタリックを模したトミカ。

街で見かけても他とは違うレッドとすぐわかる、ソウルレッドクリスタルメタリックは、車好ではなくても目を惹きます。

匠塗 TAKUMINURIと冠した2色の内のソウルレッドクリスタルメタリックをトミカではどう再現されたか?が気になっていました。

さて、まずは出来の方ですが、その辺はトミカですからね。イイ感じです。

シグネチャーウイングのヘッドライト下部のブラックは省略されてしまいましたが細かな塗分けはトミカばらでは。
ヘッドライトがクリアパーツなら逆に塗れたかな?

ドアサイドの窪みが上から見ると良く分かります。
テールランプとリアフェンダーが同色なので馴染んでしまったのが残念です。
実車はボディカラーのソウルレッドクリスタルメタリックよりスモークがかっているのでダークレッドのほうがソレっぽかったかも。

サイドウィンドウのモールやBピラーの塗りなど完璧な仕事。さすがトミカ。

ヘッドライトはクリアパーツではなくシルバーの塗り。
この大きさならクリアパーツイケると思うのですが…。
テールランプも塗りのみなので丸目テールが再現されるとイイ。

匠塗 TAKUMINURIのソウルレッドクリスタルメタリックの再現は色味はまぁまぁソレっぽいかな?
先に発売されたトヨタGRヤリスのエモーショナルレッドⅡと並べてみますと、ややエモーショナルレッドⅡのほうが暗めにみえます。

ソウルレッドクリスタルメタリックは「発色を担う発色層と光の反射を担う反射層を2層重ねた特別な塗装」というだけあって、ミニカーでの再現は不可能でしょうね。

更にマツダは、ドアの継ぎ目などでも反射が途切れないようにパネル自体の成形にも気を使っているらしいです。
このこだわりは凄いことで塗装自体もですが、トータルでの美しさを追及しているのは驚きます。

そんなマツダのこだわり、マツダ3の実車はコチラ▼から。

次期アクセラのマツダ3はソウルレッドクリスタルメタリックのカラーリング。SKYACTIV-Xと小型モーター搭載のマイルドハイブリッド車

 

 

▼関連記事はコチラ
マツダの次期新型アクセラは東京モーターショーに展示されたKAI魁CONCEPTの市販版?


MOTORSPORTS CONCEPTのマツダ・ロードスターとピレリスーパー耐久シリーズ2019出場車両(村上モータース88号車)


ナニ?このイタリア車?え?ロードスターなの?クーペボディですけど…マツダ・ロードスタークーペ・TS Concept


イグニッションモデルのロケットバニーRX-7(FD3S)は1/64スケールとは思えない限定カラーの高クオリティ・ミニカー


パンデムRX-7はビス留めワイドフェンダーのFC3S【TRA KYOTO PANDEM RX-7】

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-トミカ, マツダ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.